優雅な女性になるための歩き方レッスン

エレガントな服装をしても、ばっちりきまったヘアスタイルをしても、歩き方がきれいではない女性は、やはり素敵にはみせません!!
残念ながら。

しかし、それは裏を返すと、歩く姿が洗練されていれば、たったそれだけで、ずいぶんあかぬけて見えるものなのですから。
皇室御用達のデザイナーも、「日本人女性は、歩き方と話し方を変えると、もっと美しくなるのに」と嘆いていますし。

ウオーキングレッスンを受けるべき?!

足音をたてずに歩くだけでも

モデルさんたちは、デビューする前にきびしいウオーキングやポージングのレッスンを受けなければなりません。
どんなに顔がきれいでも、整ったスタイルをしていても、ファッションセンスがバツグンでも、歩き方、動き方が優雅でなければ、プロのモデルとはいえないからです。

しかし、わたしたち、街の女性はそこまで厳しく歩き方を鍛える必要はありません。
ちょっとしたポイントをおさえるだけOKですよ!!

さて、そのちょっとしたポイントとは、歩くときに、足音、靴音をたてないことです。

ハイヒールをはいて、コツコツコツとあの独特の靴音をたてながら歩く女性。
それは、颯爽としていて、いかにも仕事ができそうにもおもえますが、決して、エレガントではないとおもいますが、いかがなものでしょうか?

靴をくふう

靴音をたてるかどうかは、歩き方にもよりますが、履いている靴がモノをいう場合が多いですよね。

靴が悪いと、いくら正しい歩き方をしても、すぐに疲れてしまいますし、服も美しくみえないのですね。
しかし、足にあった靴を履き、颯爽と歩くことを意識するだけで、なぜか、いい女に見えるようになるのですよ!!

足にあった靴を選ぶのは、もちろんのことですが、市販の靴でも、その靴の裏にゴムをはるだけでも、足音が目立たなくなります。
ミスターミニットなど、靴のリペアのお店でもすぐに、ゴムをはりつけてもらうことは可能。

また、ゴムをはらなくても、靴を新調するときに、歩いてみて、足音がどのくらいたつか確認しておくことも大切なことですよね。