さて、どうする!? ダイエット中の外食

ダイエットをしているとき、トモダチとランチに誘われたり、彼とディナーに行くことになったら、楽しみな反面、ちょっぴり恐怖感(笑い)も芽生えるもの。
いつもいつも、ダイエットを理由に会食を断っていたら、「この人、つきあい悪いしなあ」と言われてしまいそうですよね。

体重が気になるときでも、落ち着いて、外食できるポイントをまとめました。

もう怖くない! ダイエット中の外食

メニューを選べるのであれば

まず、自分でどんなものを食べるのかを、決められる状況であれば、一汁三菜などのヘルシーメニューを選択するのがベスト。
また近年のヘルシーブームによって、野菜や豆腐をメインにした創作料理や、ベジタリアンを対象にしたレストランも増えてきています。
だから、お店選びの段階で、自分の主張が通る状況のときなら、外食といっても、そんなに怖くありませんよ。

ランチなら、定食優先で

また、昼食ならば、味噌汁(すまし汁でも)とメインディッシュがついている【定食】がおすすめ。
なかでも、さばの塩焼き定食や味噌煮定食など、揚げ魚以外の魚のメニューがあれば、なお、いいですよね。
大根おろしをたくさんかけていただくと、それだけでも、ヘルシーですし。

といっても、肉の場合でも、揚げ物を避けて、冷しゃぶや、蒸している肉を選ぶとだいじょうぶです。

また、食べ方では、野菜やお汁をいただいたあとで、メインディッシュや、ごはんを食べると、食べ過ぎず、早食いを予防できるのでおすすめですね。

どうしても・・・の場合でも

まったく、メニューも、お店も自分の意見を選べず、油っこい高カロリーメニューになってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

そんなときには、やはり食べる順番を考えて、可能ならばごはんを半分残したり、デザートはさりげなくパスしたり、雰囲気を壊さない範囲で遠慮してみましょう。
また、焼肉ならば、さりげなく、しいたけばかりを食べ続けたり、野菜を中心にとることも可能だとおもいますよ。