【驚愕】早食いをしてはいけない理由とは?

時間がないときって、どうしても早食いしてしまいますよね。ダメとは知っていても、なにも食べないよりはマシとついガツガツ…。でも早食いって、いろんな悪影響があるって知っていましたか?

早食いがダメな理由

太りやすくなる

食事をしていると、満腹中枢が刺激され、脳が「もうおなかがいっぱい」と認識します。この作用は食べ始めてから15〜20分かかるといわれています。よって、早食いをしてしまうと満腹を感じるまでの間に食べ過ぎてしまい、結果、多くのカロリーを摂取してしまうことに。
食事によってあがった血糖値はインスリンによってさげられます。早食いをすることでインスリンの分泌が追いつかず、血糖値が高くなります。また、インスリンには脂肪細胞の分解を抑える働きがあり、追いつかないまま多量に分泌されることにより脂肪が溜まりやすくなり、太ってしまいます。

栄養が行き渡らない

早食いし、かつ過食をしてしまうと、消化吸収率が低くなります。つまり、栄養価の高いヘルシーな食事でも、早食いしてしまうとほとんどが吸収されないということ。どんなスーパーフードでも、消化・吸収されなければ意味がありませんね。

食事を楽しめなくなる

食事とは本来リラックスして行うもの。しかし、あせって食事をしていると気持ちが落ち着かず、交感神経が働きます。交感神経とは、スポーツなど興奮状態になる場合に働くもの。食事中ですら神経が休まらないというわけです。
また、早食いを前提の食事ですと、目で楽しむことも忘れてしまいますね。どうせすぐに食べるから、と簡易的なもので済まそうとするかもしれません。その場にいる人との会話や、食材をいただく感謝の気持ちをすっかりなくした食事。そんなことをつづけてまで、急ぐ必要があるのでしょうか。

おわりに

仕事や予定に追われて、急いで食事をとる場面が出てくるのはある程度仕方ありません。しかしそれを習慣化させないよう、普段の食事ではよく噛み、食事を楽しむよう心がけましょうね。