●●にのせて足を洗うだけ!らくらく開脚できる方法があるのか?!

若々しい体型をキープするためには、関節や筋肉のしなやかさが必要ですよね。そのために、毎日、ストレッチをしたり、バレエのレッスンを受けたりする人は多いとおもいます。

しかし、なかなか、一朝一夕に身体がやわらかくなったり、関節がしなやかになったりするということはありません。
でも、やめてしまうとそれっきり。

そこで、ストレッチをするのは負担だけど、実は、気になっているという人におすすめの方法を見つけました!

洗面台で足を洗う?!

らくらく股関節のストレッチを

ストレッチのなかでも、痛いですし、なかなか根気がいるのは、【股関節】ではないでしょうか?

バレエや新体操を経験していなければ、オトナになると、開脚するのは、敷居が高いですよね。

そんな人におすすめなのは、ストレッチよりも、日常生活のなかで、股関節をしなやかにするポーズをとりいえれることです。

「でも、そんな方法ってあるの? 」と、おもいませんか?

たしかに、股関節は開きにくく、硬くなりやすいパーツです。

しかし、バレエのバーにつかまる感覚で、何気なく、洗面所に足を入れてみると、これが、いい具合にひらくではありませんか!!

ちょっぴり、お行儀が悪いけれど

といっても、ただ、洗面台に足をのせるというだけのストレッチでは、美容のためのエクササイズと同じことでしかありません。

そこで、毎日、洗面台に足をのせる必然性を考えてみました!
その方法とは、足を洗面台にのせて洗うことです!!

ちょっぴりお行儀は悪いとは感じますが、手を洗うのか、足を洗うのか、というだけのことだと割り切って、(ひとり暮らしということもありますが)毎日、洗面台に足をのせて洗っています。

すると、ひと月をすぎた頃から、開脚をしたときにぴりぴりとした痛みやひりつきがなく、さらに、角度も大きく開くようになったのです!
ストレッチをかねて、将来介護が必要な身体にならないためのトレーニングだとおもって、現在も続けています。