暴飲暴食で疲れた胃腸を休める方法とは

みなさまこんにちは。今年もあと2ヶ月で終わりになってしまいます。年末年始になると、忘年会や新年会など外でご飯を食べたり、必然的に食べる機会が増えてしまいます。暴飲暴食が続くと体重が増えたり、ボディラインが崩れるだけではなく、身体自体が疲れてしまいます。今回は暴飲暴食で疲れた胃腸を休める方法について少しだけご紹介したいと思います。

胃や腸が疲れる原因

胃や腸が疲れる原因には以下のものがあります。

・暴飲暴食
・ストレス
・寝不足
・お酒の飲み過ぎ
・脂っこい食事

などです。暴飲暴食だけではなく、いろんな原因で胃腸が疲れてしまいます。

胃腸に優しい食べ物を食べる

胃腸は暴飲暴食などの原因で疲れてしまうことは前述した通りになります。胃や腸の働きは、食べ物を消化することにありますが、胃や腸が疲れていると食べ物を消化する働きも低下し、便秘などの不調が現れてきます。疲れた胃や腸を休めるにはまず「消化に負担のかからない食事を摂ること」が大切です。

①胃に優しい炭水化物
・おかゆ
・うどん
・蒸しパン
・蒸したじゃがいも
これらは消化がとても良いものなので、胃に負担をかけずに食べることができます。

②胃に優しいタンパク質
・豆腐、豆乳
・卵
・ささみ、鶏ひき肉
・はんぺん、魚のすり身
タンパク質は体を作る栄養素なので、胃が不調の時も摂っていただきたい栄養素です。茶碗蒸しや煮込んでスープなどにすると食べやすく、消化に負担もかかりません。

③胃に優しい野菜
・大根
・かぶ
・キャベツ
・長芋
・ほうれん草
大根にはアミラーゼという消化酵素が含まれておりますので、食べ物の消化を助けてくれます。タンパク質の消化を助ける作用もありますので、一緒に食べるといいですね!

避けていただきたいもの

胃腸が疲れているときは、なるべく消化に負担がかからないものを選んで食事をします。避けていただきたいものとしては、脂っこいものや繊維質の豊富な野菜類、辛味が強い刺激物、甘いもの、お酒、カフェインなどです。これらを避けて、胃に優しい食事を摂ることで、疲れた胃腸を休めることができます。

いかがでしたか?これからのシーズン食べる機会が増えます。暴飲暴食で疲れた胃腸を休めるために、ぜひ参考にしてみてください。