冬にはホットで、飲む点滴”甘麹”で冬を乗り切ろう♪

いよいよ冬も本番になってきました。

体調を崩しやすかったり、お肌が乾燥したり、

体やお肌にトラブルが起きやすい時期でもありますよね。

そんなときにおすすめなのが、”“飲む点滴“ともいわれている、美容健康に嬉しい効果がたくさんある甘酒。

そんなすばらしい甘酒の効果効能をお話していきますね。
amazake

甘酒の種類

まず、”甘酒”と聞くと新年などに飲む少し癖のある甘酒をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

甘酒には実は2種類あります。

酒粕から作られる甘酒

1つめは多くの人がイメージするであろう、酒粕から作った甘酒。

こちらはアルコールを含みますので、妊婦さんやお子様には向いていません。

また、甘さを出すために砂糖を使用している場合がほとんどなので、あまり美容効果は期待できないでしょう。

ただ、アルコールも入っていて体が温まるので、初詣などでよく見かけますよね。

米麹から作られる甘酒

今回お伝えする”飲む点滴”の甘酒は、”甘麹”のこと。

米麹を発酵してつくられる、ノンアルコールの甘酒です。

こちらの甘酒の甘さは、お米が発酵する事によってできるブドウ糖の自然の甘み

自然の甘みを生かしているので砂糖は含まれていないのです。

 

なぜ飲む点滴と呼ばれるの?

甘酒は日本古来から伝わる伝統的な飲み物。

江戸時代には夏バテ防止として使われていたそうです。

それは甘酒に含まれる成分!!

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・葉酸
・オリゴ糖
・食物繊維
・システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸
・コウジ酸
・ブドウ糖

これは栄養補給の目的で使われている点滴とほぼ同じ成分なのです!!

なので”飲む点滴”と呼ばれているのですね。

 

疲労回復効果

飲む点滴と呼ばれるくらいですから、もちろん疲労回復に効果があります。

甘酒には消化吸収を助ける消化酵素が含まれています。

そして、甘酒に含まれるブドウ糖、ビタミンB群には疲労回復効果があります。

疲れた時や、風邪のひき始めなどに飲むのもオススメです。

飲む美容液!美肌効果

甘酒は”飲む美容液”とも言われているのですね。

美容液は外から塗るものですが、甘酒を飲む事によって内側からもキレイになっていきます。

ビタミンB群、コウジ酸が美肌を作る

ビタミンB群には、肌の細胞を活性化させる働きがあります。

ターンオーバーを促すことによって、どんどん美しい肌へと生まれ変わって行くのですね。

頭皮も皮膚ですので、美髪にも期待できそうです。

また、コウジ酸にはシミやくすみの原因と言われているメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。

和風のヨーグルト

甘酒は、最近”日本のヨーグルト”と呼ばれることもあるようです。

それは甘酒に含まれる”植物性乳酸菌”。

ヨーグルトに含まれるのは”動物性乳酸菌”なので、酸に弱く、なかなか胃腸まで届かない事もあるのだとか。

日本人にはこの植物性乳酸菌の方が体に合っているため、胃腸まで生きて届くと言われています。

ヨーグルトに甘酒を加えるとどちらの乳酸菌もとれそうですね。

 

整腸作用

甘酒に含まれるオリゴ糖と食物繊維には、腸を整えてくれる働きがあります。

腸を整えるには、まず善玉菌を増やしてあげる事。

オリゴ糖は善玉菌のえさになりますので、腸を整えるには積極的に摂りたいですよね。

便秘解消にも効果が期待できます。

 

いかがでしょうか?

日本に昔から伝わるすばらしい甘酒。ぜひ積極的に摂りたいですね。

次回は甘酒のアレンジ方法をお伝えします。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。