スムージーは、ダイエットの味方? それとも敵?

このところ、美容に効果が高いということで人気を集めている、スムージー。
しかし、たまにスムージーで気分転換するのはかまいませんが、毎日になると、いろいろと弊害が出てくるって知っていましたか?
ダイエットや美肌のために摂取する、スムージーのメリットとデメリットについて紹介します!!

嚙まないでいいのはOK?それともNG?

まずは、スムージーのメリットから

スムージーのよいところは、食欲がなくても気軽に飲むことができることです。
何といっても嚙まなくていいですし、おなかが張っているときにも、ぐいぐいと飲めるので、手軽に栄養補給ができますよね。

また、生野菜や果物を中心に作るため、たっぷりの酵素が摂れますし、朝1番に飲むといっきに目がさめますし、便秘の予防としては最適でしょう。

ですが、実際はデメリットも多いのです


しかし、スムージーは、メリットばかりではありません。
まず、嚙まなくてよいのは、うれしい反面、嚙む回数が減ることによって、唾液の分泌が減って、口内環境が悪化します。
その結果として、歯周病菌が増えたり、風邪をひきやすくなるなどというデメリットがあるのですね。

また、子どもさんの場合だと、嚙む回数が減ってしまうと、歯並びやあごの発達にも悪影響が出てしまうかもしれません。

また、冷たい状態で飲むわけですから、当然、身体が冷えてしまいます。冷えは女性の大敵ですが、近年増えている低体温は、深刻な問題になってきました。
スムージーは、ただ温度が低いだけではなく、バナナやマンゴーといった、南国の果物を使用するケースが多く、暑い地方で収穫する果物や野菜は、身体の熱を奪う作用があるため、2倍の意味で冷えを促進してしまうのですね。

もちろん、暑い季節や、食欲がなくて、ごはんや魚・肉を食べるのがツライというときに活用するのは、問題ないとおもいます。
毎日の習慣ではなく、たまの気分転換として、スムージーという選択肢なら、かまわないはずですよ!!