ちょっと待った!夏が1番痩せやすい?ダイエットに最適な季節とは!?

だんだんと気温も高くなって、そろそろ夏が始まる頃となってきました。「夏になるし、汗もたくさんかくからダイエットの時期が始まるわ!」と、夏はダイエットに最適な季節と思い込んでいる方々が多いかと思います。今回はダイエットに最適な季節に関する記事をご紹介します。

汗をかくと一時的に体重は減ります。これは汗が出ることで、体内の水分が排出されるためです。つまり、減っているのは体の水分であり、体脂肪ではありません。その証拠に汗をかいたあとに水分を摂ると、摂った水分の量だけ体重は増えてしまいます。

恒常性とは?

人間の身体は、常に同じ体内環境を保つように働いています。例えば人間の体温はだいたい36℃前後に保たれていますね。このように、常に一定の環境を保とうとする働きを「恒常性」といいます。

恒常性の中で1番エネルギー消費が多いものは?

体重や体温、心拍数などは恒常性によって一定に保たれています。そしてこの恒常性の中で最もエネルギー消費を必要とするものは、体温になります。ここで気温が高い夏を想像してみてください。夏は外気温が高く、体温を保つための熱の産生・発散の必要がありません。そのためエネルギー消費量は低くなります。
逆に、寒い季節になるにつれて、外気温は下がるため、体温を保つための熱の産生・発散が活発になり、エネルギー消費量は高くなります。夏は汗をかくので、一時的に体重は減るとは思いますが、体温維持に使われるエネルギー消費量は低くなります。つまり「夏に痩せやすい」というのは、ある意味ウソになります。

「汗をかく=痩せる」ではありませんが、汗をかくことは体内の余分な水分を排出させる意味では大事なことです。適度に汗をかいたらきちんと水分補給をして、体内の循環を良くすることも痩せるために必要なこと。「夏は汗をかくから痩せやすい」と思っていた方々、いかがでしたか?これからの季節のダイエット知識として参考になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です