あなたはどっち派!?ダイエット中の目標とモチベーション。

突然ですが、みなさんはダイエットをする時、何に目標の焦点を合わせますか?体重や体脂肪率、BMIなどの「体の数値」ですか?それとも○号の服、○サイズの下着などの「アイテム」ですか?
ダイエットにおいて目標を持つことは大切なこと。モチベーションを保つにも目標があると励みになったりしますね。

○体重や体脂肪率などの数値派
ダイエット中は数値を目標にする方々が多いのではないかと思います。「1ヶ月で○kg減らそう!」「ウエストは○cm!」「最終目標は○kg!」などですね。このタイプだと、測定することで、目で見て結果がわかるため、頑張れば頑張った分、結果として数値に現れてきます。しかし、徐々に減っていった数値が、ある期間で停滞したり、食べ過ぎた日の翌日に増えていたりと、数値を見てわかる分、それらが「落ち込み」の原因になってしまうデメリットもあります。

○洋服や下着などのアイテム派
数値を目標とする方々に比べたら少ないかもしれませんが、洋服や下着などを目標にするタイプ。「○号のスーツを着る!」「ボディラインがはっきりわかるドレスを着る!」「タイトなパンツを履く!」などですね。このタイプだと、どちらかというと「見た目」を重視した目標になります。数値にとらわれないため、数値の増減で気分が落ち込むことはないでしょう。しかし、なかなか目標とするアイテムが着れないなど、体の変化がゆっくりで分かりづらいということが、落ち込みの原因になってしまうかもしれません。

○良いモチベーションを保つには?
目標に関して、数値派・アイテム派それぞれにわかれると思います。どちらにもメリット・デメリットがあり、結局のところは「頑張りすぎず、根気よく継続する」がダイエット成功のポイント。ダイエットに限らず、目標を達成するためにはモチベーションを保つことが必要となります。数値派では、目で見て結果がわかるため、数値を記録してグラフを作ったり、目標の数値になったらオシャレアイテムを買って、ご褒美を自分に与えたりすることで、モチベーションを保つ秘訣になるかもしれません。アイテム派では、目標とする洋服が着れたら、それを着て普段行かない場所へ入ってみたり、新たにワンサイズ下のアイテムを購入したりすることで、モチベーションを保つことができるかもしれません。

ダイエットにおいて「頑張りすぎる」ことは、カラダにもココロにも負担になること。8割頑張って、残りの2割は緩くする。これが大事です。自分に合った方法をゆっくり継続し、そしてたまに息抜きをすることで、気づいたら「目標達成しちゃってた!」という状況になっていたら嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です