【花金必見】断れない飲み会にはコレ!美容にいい居酒屋メニュー

美容やダイエットに気を使ってはいるものの、ストレス発散や楽しいイベントはやっぱり行きたい。新年会、送別会、歓迎会などなど飲み会に参加する機会も増えてくる時期。

飲み会に参加しつつも美容を追求する女子、必見!飲み会に参加しながらもキレイを意識した居酒屋メニューをご紹介していきたいと思います。

迷ったら「素材に近い」をキーワードに選ぶ

カロリー高低の基本として、料理は手を加えれば加えるだけ、カロリーが上がっていく傾向にあります。しかし、飲み会の席でカロリー表示のない場合やすぐ決めなくてはならない場合など見た感じ「素材に近い」ものを選ぶのは簡単!では早速おすすめメニューに迫ってみましょう。

①枝豆

居酒屋で定番の枝豆はGI値も低く栄養価も高いのでおすすめです。乾杯と共に頼むことも多いビールですが食欲も加速しがち。しかし枝豆と一緒に食べることで脂肪の吸収を抑えてくれたり、満腹感を得ることもできるので食べ過ぎ防止にもなります。枝豆は欧米でもヘルシーな食べ物として人気。ビタミンやカルシウム、ミネラルを豊富に含んだ良質のたんぱく質に加えイソフラボンや食物繊維もたっぷり含まれているのです。

②ほっけの開き

ほっけは白身魚で低カロリー、高タンパク質。他の魚と比べて油が多いようなイメージがありますが実は脂肪分が少なく焼くと無駄な油が落ちます。しかも、ミネラル、カルシウムが豊富で、青魚に多いと言われる不飽和脂肪酸、DHAやEPAなども豊富でで体に良いのです。ほっけはカルシウムと抗酸化作用による皮膚病や生活習慣病の予防も期待できるビタミンAの含有量が優れた魚で、Caにおいてはサンマの約2倍、アジの4倍以上に相当。ガンや様々な生活習慣病予防、眼精疲労の改善や、皮膚病の予防にも効果があると言われています。

 ③ぬか漬け

ぬか漬けの乳酸菌は野菜が発酵することでできた植物性の乳酸菌で、胃酸に溶けにくく腸へ届きやすいという特徴を持っています。また、乳酸菌と一緒に、腸内環境を良くしてくれる野菜のビタミンや食物繊維も摂ることができるのです。腸内環境が整うと、便秘の解消や免疫力の向上、代謝機能のアップなどによって、美肌のためにもとても良い効果をもたらします。

③エイヒレ

フカヒレと成分がよく似ており、フカヒレと同様に女性にとって嬉しい、コラーゲンが豊富に含まれています。魚由来のコラーゲンは他由来のコラーゲンよりもタンパク質が分解しやすく、効率よく体内に消化・吸収されやすいのです。美肌の秘訣として、「エイヒレ」を挙げている女優さんもいらっしゃるほど。

④串焼き盛り合わせ

基本的に塩をセレクト。焼き鳥はカロリーが高いものでも約150kcalなので、量と種類に気をつければ鶏肉は高タンパク低脂肪で脂肪を燃焼させる効果があります。痩せる為に脂肪を燃やすというのは大切な事なので、焼き鳥はダイエット向きの食材といえるでしょう。

⑤パスタよりもご飯

炭水化物単体を食べるよりも、一緒に野菜や海藻をたくさん食べるようにするだけで、インスリンが抑えられることが知られています。ここまでで既に野菜を多めに食べているので、単体食べの時と違って血糖値の上昇を和らげ、脂肪の蓄積を抑えてくれる状態になっている一工夫されているということで、締めなりメインなりシェアするならパスタよりもご飯がオススメ。

参考になる食材はありましたでしょうか?せっかくの飲み会、周りに気を遣わせすぎず、ダイエットへのストレスもなく楽しみたいものですね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です