私が研究した太りにくい食事方法、秘密は2つ♡

私は大学生の頃から”ダイエット”を追求してきました。

ダイエットといっても、

”食べない”

”食べる量を減らす”

”カロリーを計算する”

などのストイックなものではありません。

このようなストイックなものは続きにくいし、

体に負担がかかったり、リバウンドしやすいのです。

もっと体に負担をかけずに、”太りにくい”ダイエット法を研究した結果、

色々なことを今でも実行しています。

出産で17kg太ってしまったのですが、

産後はストイックな運動や食事制限することなく20kg落とす事ができました!

その中の1つで無意識に行っていることが、

”1口目は生野菜から。”

でもなんで生野菜から食べると太りにくくなるのでしょう?

その秘密は2つ!食物繊維と、インシュリンにありました。

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

 

秘密その1 食物繊維

生野菜には食物繊維がたっぷり含まれていますよね。

食物繊維を事前におなかにいれておくことで、体の代謝が高まります。

また、体内に先に食物繊維をいれておくことで、

その後にはいってきたお肉や炭水化物を吸収しづらくしてくれるのです。

サラダを先に食べておくことで噛む回数がふえ、

満腹感を感じやすくなるので食べ過ぎ防止にもなりますね。

 

秘密その2 インシュリン

ご飯など炭水化物から食べると、
血糖値が急激にあがりやすくなります。
血糖値が急激にあがると、体内で”インシュリン”というホルモンが分泌されます。

このインシュリン、
”糖分を脂肪として蓄える”という恐ろしい効果があるのです!!
インシュリンが過剰に分泌されると、それだけ太りやすくなるということですね。

サラダなどの生野菜は、
炭水化物に比べて血糖値の上昇がゆるやかだといわれています。
食事の一番始めにこういったものを食べておくことで
血糖値の急上昇がおさえられ、
インシュリンの過剰分泌がおさえられ、
同じ食事の質・量でも
太りにくい食べ方ができるのですね。

 

皆さんも次の食事から実践してみてください。

外食の際は、セットのサラダがあればつけることをオススメします♡

丼物など炭水化物×お肉で太りやすそうなものも、

サラダを追加することで吸収が抑えられるのでオススメです♡

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。