【※必ずチェック※】食事の前に絶対やっておきたい脂肪吸収抑える方法

ダイエットの大敵と認識されている「脂肪」。以前から「脂肪吸収を抑える」という目的で、特定保健用食品などがいくつか出ていますね。「脂肪吸収を抑える方法」とタイトルにありますが、果たしてどんな方法があるでしょうか?今回は脂肪吸収を抑える方法についてちょこっとご紹介したいと思います。

カテキン

特定保健用食品でも取り上げられている「脂肪吸収を抑えるお茶」。これはカテキンがポイントとなっています。カテキンには、小腸内にある余分な脂肪とコレステロールを排出してくれる働きと、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。脂っこい食事の際、カテキンを含む緑茶を一緒に飲むことで脂肪の吸収を抑えることができます。

キノコキトサン

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、キノコキトサンとは舞茸や椎茸などに含まれる成分です。キノコキトサンは胃酸にも水にも溶けず、膨張することで腸内をコーティングするという性質があります。キノコキトサンでコーティングされた腸内は、油分を吸収しづらい状態になり、そのまま排出されてしまうため、結果的に脂肪吸収を抑えることにつながります。食事の際、舞茸や椎茸を一緒に摂ることで、効果が期待されるかもしれません。

その他

カテキンやキノコキトサンのほかに脂肪吸収を抑える役割のある食材として、黒豆イソフラボンや大豆サポニン、ポリフェノール、食物繊維等があげられています。
気になる方はぜひ。その他の食材に関してものぞいてみてはいかがでしょう?

体脂肪を増やさないために

体脂肪が身体につくメカニズムは、詳しくお話すると難しいお話になってしまいますが、簡単に話すと、摂取したエネルギーのうち、体内で使われなかった分が蓄積されます。つまり脂質に限らず、糖質であってもタンパク質であっても、消費できなくなった分は身体に蓄えられてしまいます。脂質が太りやすいといわれているのは、糖質やタンパク質に比べて1kcalあたりのエネルギー量が9kcalと高いから。「○○を摂ると痩せる」というものはありません。いろんな栄養素を摂ることで、代謝がスムーズに働き、結果的に健康に痩せるのです。「食前に○○しましょう」という理論はあったとしても、それをメインにせず、バランス良い食事のもと、健康的にダイエットをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です