●●を口に含むだけでデトックスできるって本当なの?

「デトックス」という言葉はすっかり一般的になりました。
知らず知らずのうちに身体の奥に溜まった毒素を排泄することは、お肌のためにも、体型維持のためにも大切なことですよね。

ちまたでは、断食サロンにかけこんだり、専用の点滴を受けたり、スムージーを作って飲む習慣をつけるなど、さまざまな毒出しの方法が語られています。
ですが、あるものを口に含んでいるだけで、身体の毒素を出すことができるなら実践したいものではないでしょうか?

じっくりと結果を出したい人のために

水含み


さる有名な整体師のエッセイを読むと、「口の中に少量の水か、白湯を含んだまま湯舟にゆっくりとつかると、体内に蓄積されがちな毒素を排泄しやすくなる」といった内容がありました。

以来、入浴中の水含みを実践して10年以上たちます。
3~5分おきに、唾液と交じりあった「水」を捨てて、新しい「水」を含み直しているので、息が苦しいということはありません。
発汗作用があり、身体が温まるので、美肌効果やむくみの解消効果が期待できます。
また、さまざまな病気の原因になる「舌苔」を適度に取り除いたり、口臭予防にも良いそうですよ。

ココナッツオイル

近年、ハリウッド女優たちも実践している「オイルプディング(うがい)」。オイルでうがいをするなんて、ちょっぴり気持ち悪く感じられますが、デトックス作用のほかにも、歯の表面に付着した色素を分解したり、花粉症にも効果があるといわれています。

ごま油やオリーブオイルでもかまいませんが、ポピュラーなのは、ココナッツオイルを使うことです。

やり方としては、大さじ1杯のココナッツを口にふくみ、グジュグジュとうがいをするようにします。そのままできれば約20分ほど続けてください。顔の筋肉を適度に刺激するため、お肌の弾力アップも期待できます。
ただし、途中で「もうだめ」とギブアップしそうになったら、いつでも吐き出して大丈夫ですから、まずは、どんなものか実践してみてくださいね。