華やかだけど、落ち着いている? ダークグリーンのバッグの魅力

女子にとって、楽しいバッグ選びですが、気がつくと、似たようなデザインばかりだった・・・ということも。
また、デザインはかわいいけれども、どんなファッションに合わせてもカバンだけが浮いてしまう! なんて場合もありますよね?

そこで、おすすめなのは、ダークグリーンのバッグです。

ダークカラーだけど、重たくない色彩

茶系の服にも、黒系のファッションにもマッチする

なぜ、ダークグリーンのバッグかといえば、黒系(グレー)の洋服にも、茶系(ベージュ)系のファッションにも違和感がなく、マッチするからです。

それでいて、ダークカラーのバッグ特有の、独特の重たい雰囲気がありません。
何とも軽やかなオーラを、かもし出しているけれども、浮ついたこともなく、きちんとして見えるのは、嬉しいことです。

また、現在のところ、ダークグリーンのカバンを持っている女性は、まだそんなに多くないので、スペシャルな感じがして、他人とはちがった、自分だけのおしゃれをたのしむことができます。といっても、いかにも奇抜で、ザ個性的な人といった、いわゆる変わり者には見えませんから、安心して持つことができますよ。

カジュアルにも、フォーマルにもOK!

そして、ダークグリーンのバッグは、カジュアルなファッションのときにも、お子さんの参観日など、ちょっぴりかしこまった席にも、マッチするので、とても重宝します。

とくに、革製ならば、落ち着いた印象になりますから、目上の方と接する場合にも気後れしません。

黒や茶色だと敬遠してしまう、オーストリッチや、クロコダイルなどの、個性的な素材をチョイスすると、ますます粋でおしゃれな女性に。
なお、高級な素材ならば、洋服着用の日だけではなく、和服のときにも相性がいいので、かえってお買い得だという考え方をすることもできます。
個性的でありながら、落ち着いた雰囲気も兼ね備えている、これからの時代の、女性のおしゃれに理想的なパートナーになりそうですよね?!