男子が思わず釘づけ!CMに学ぶ「男が憧れる女性像」

いつの時代にもテレビCMには時代背景が色濃く投影されています。男性目線を意識した商品の多くには男性の憧れる女性像が表現され、過去にも様々なCMが話題となりました。そんなCMから男性の憧れる女性像について学んでみたいと思います。

年上・年下関係なく男心をくすぐるCM

ドキドキするといえば鏡月のCM。賛否両論を巻き起こしていますが、石原さとみさんの小悪魔的な魅力とセリフが見事にはまっていて好きだと言う男子は圧倒的に多くなっています。このシリーズは男ウケを狙ったものですが、その狙い通りの結果になっていると言えます。妄想を掻き立てられるようなセリフが男子は大好きなのです。

ハイボールのCMもここ数年高い人気が続いていて、売上にも貢献しているようです。その中でも特に男子ウケが良いのが井川遥さんのCM。色っぽいのだけれど、狙い過ぎていないところが良いようです。ナチュラルだけれど本心まではわからない、そんな感じの微笑に思わず惹きこまれてしまうのです。

恋人にしたい女性有名人ランキングでトップになった綾瀬はるかさん。彼女はいくつものCMに出演していますが、共通して魅了されているのが「癒やされる」という事です。もともと幅広い層から高い支持がありますが、どこかつかみどころのない天然系の癒しが大きな魅力となっています。

この3パターンからわかるのは男性が想像力豊かでストレートな言葉や態度よりもつかみどころのないものやミステリアスな雰囲気を求めているという事です。なんとなく親しみを感じるのだけれど肝心なところがちょっとわからない、このくらいの距離感にとても惹かれる生き物なのです。

可愛らしいお嫁さん像にとても弱い

その一方で可愛いお嫁さん像に弱いという一面も持っています。その代表的なところがゼクシィのCMで一躍脚光を浴びるようになった広瀬すずさんです。初々しさや戸惑いを覗かせる表情が印象的で、こんな可愛らしい花嫁がいいと妄想した男子がとても多くいました。

結婚しても高い人気を誇る上戸彩さんは特に花嫁を印象づけるようなCMはありませんが、彼女の場合は何をしても「健気で理解のある良き妻」という印象を与えます。彼女のような奥さんを持ちたいと熱望する人は今も尚多いのが現状です。

こちらのパターンからわかるのは、家庭的で思わず「守ってあげなきゃ」と思わせられる女性だという事です。自分よりも前に出ず、しかし陰で支えてくれるような女性です。健気な所に守りたいという要素があるのかもしれません。

CMから学ぶ憧れの女性像

男性は女性に対して想像力が大変豊です。時には小悪魔女子に翻弄され、時には色っぽい大人の女子に弄ばれてみたなどという事を妄想しているわけです。しかし最終的には家庭的で健気な女性に落ち着きたいというのが本音だといえるでしょう。つまり、まだ遊びたい男子には小悪魔アプローチ、そろそろ結婚かなと思っている男子には健気な花嫁アプローチが効くと言うわけです。彼らの想像力を利用して効果的にアプローチしてゆきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です