もう迷わない!コスメカラーの選び方

アイシャドウ、チーク、リップ等、コスメには本当に様々なカラーがあり、その中から自分に合うものを選ぶのって楽しくもあるけれど、結構難しいですよね。

可愛いと思ったカラーでもつけてみるとなんだかしっくりこなかったり、逆にイマイチと思っていたカラーでも薦められてつけると意外と良かったり。

カラーひとつでメイクの仕上がりやお顔の印象って本当に変わるんです!

そこで今回は、自分に合ったコスメカラーの選び方を教えちゃいます♪

①パーソナルカラーで選ぶ

パーソナルカラーとは、肌、瞳、髪等の色に最も調和して似合う色や配色のことです。
大きくイエローベースとブルーベースの2つに分類できます。
《見分けるポイント》
イエローベース➡★肌色が黄みがかっている★白目が黄みがかっている★地毛は茶色★ヘアカラーすると黄色っぽくなる
ブルーベース➡★肌色がピンクっぽい★白目が青白い★地毛は黒又は赤茶色★ヘアカラーすると赤っぽくなる

 
《似合うカラー》
イエローベース➡★アイシャドウはブラウン、オレンジ、グリーン系★チーク、リップはオレンジ系やコーラルなど黄みよりのピンク★ラメやパールはゴールドベースのもの。
ブルーベース➡★アイシャドウはグレー、ブルー、ピンク系、ブラウン系は赤っぽいブラウン★チーク、リップはローズ系の青みがあるピンク★ラメやパールはシルバーベースのものを。

②系統をまとめる

パーソナルカラーがわからない方やパーソナルカラーにとらわれず色々なカラーを使いたい!という方は、全体のカラーの系統を合わせるというのがポイントになります。

例えば、チークが青みのピンクであればリップも青みピンク、アイシャドウもピンク、ブルー、グレー系。というように全てブルーベースで合わせるとバランス良くまとまります。
1つのお顔の中にブルーベースとイエローベースの両方の色味があるとまとまり感が出にくいんです。アイシャドウでもチーク、リップでもどこでも良いので自分が一番重視するところのカラーをまず決め、他のパーツはその系統に合わせていくことが大事です。

できればトップスのお洋服やヘアカラーも同じ系統に合わせるとさらに綺麗に見えますよ♪

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

成田 彩美

メイクアップアーティスト、読者モデル。IBF国際メイクアップアーティスト資格保有。サロンでのメイクインストラクターの他、撮影ヘアメイク、美容書籍やサイトのメイク監修も担当。 又、読者モデルとして雑誌やネット媒体など各メディアでも活動中。