食べず嫌いはもったいない!パクチーの美容効果を知ろう

夏って、エスニック料理が食べたくなりませんか?代表格のタイ料理には、必ずといっていいほどパクチーがつきまといます。大好きな人は大好き、大嫌いな人は大嫌いなパクチー。大好きなあなたはさらに好きになる、大嫌いなあなたも少し興味がでてくるかも?パクチーの美容効果ってすごいんです。

パクチーの美容効果

デトックス作用

わたしたちは、知らず知らずのうちに重金属(鉛など)と呼ばれるものをためこんでいます。飲料水や排気ガスなどが原因なのですが、これらをためこむことで疲れが出たり、アレルギー症状が起きてしまうことも。この重金属を体外に排出する効果がパクチーにはあるのです。

抗酸化作用

抗酸化作用のある野菜としてまず挙げられるのがトマト。ですが、パクチーにも同じように、活性酸素が増えることを防ぐ働きがあります。先ほど説明した重金属ですが、体内にたまった有害な重金属と戦うために活性酸素が活発に動いてしまいます。パクチーを食べることで、重金属をデトックスし、活性酸素の働きまで抑えることができるなんていいことづくしですね。

ビタミン群が豊富

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなど、食べるだけでたくさんのビタミンをとりこむことができます。ビタミンB2は美容ビタミンとも呼ばれ、健康な肌や爪をつくるために欠かせないもの。ビタミンCはコラーゲンを生成するために必要な栄養素です。サプリで摂ることもできますが、おいしく食べる食事からとったほうが身体もうれしいはず。

食べやすくするコツ

初めてパクチーを食べたとき、パクチー単体を口にポイッ→むり!食べられない!という状況ではありませんでしたか?ごはんものや海鮮など、おいしい料理と一緒に食べることで香りや味も中和されます。料理の上で山のように盛られたパクチーもありますが、あちらは大好きな人向け。まずはパセリやミントのように、少しの量を同時に食べる方法から克服していきましょう。

おわりに

香りでアウトというあなたも、少しパクチーに興味が出てきたのではないでしょうか。ちなみにパクチーの和名は「カメムシソウ」。香りそのままな命名ですが、そんな名前をつけられてしまったパクチーに情がわいてきたらこっちのもの。食べたことのない方はぜひ挑戦してみて。