実は注意が必要!? カラコンの選び方と使用方法

アイメイクよりも効果的な方法として、カラーコンタクトを入れている人は、若い女性を中心に増えてきました。

カラーコンタクト、略してカラコンというと、ふつうのコンタクトレンズに、ただ色がついてあるだけだと思っている人も多いのですが、インターネットなどで販売している安価な商品を使うと、角膜に傷が入ってしまう場合も。

安全にカラコンを使いこなすために、ぜひ注意してほしいことをまとめました。

眼科医の処方箋は大切

安物のカラコンは、なぜ、いけないの?

もちろん、すべてではありませんが、安価に販売されているカラコンは、カラコンの表面に色がついている商品があるからです。
あの色は、ただ着色しているだけではなく、金属ですから、目の表面を傷つけやすいものなのです。

ただし、ある程度、良心的なメーカーであれば、色みの部分を覆うようにコーディングしているので、その色の成分が流出して、直接、目を傷つける心配はありません。

しかし、かなり安い値段で売られている商品は、色をコーデイングすることなく、販売されていることもありますから、注意が必要です。

正しく選んで使用すれば問題ない

といっても、カラコンすべてが、悪いわけではありません。お金と時間はかかりますが、きちんと、眼科医の診察を受けて、購入したコンタクトレンズを使う分には問題ありません。

コンタクトレンズとひとくちでいっても、実はさまざま。
カーブや厚みなど、商品によってもちがいますし、また、人の眼は、ふたりとして同じ眼の人は、いないほど個性に富んでいます。

とはいえ、カラコンは、オーダーメイドするほどのものではないですし、基本的に消耗品です。
そして、できれば、毎日使用するのではなく、同窓会やパーティなどのスペシャルなイベントのときだけ使うようにするとよいでしょう。毎日、アイメイクのかわりに使うには、眼にかかる負担が大きいという意見もありますから。

そして、衛生面には、じゅうぶんに気をつけながら、定期的に眼科検診を受けて使用しましょう。