結局、コラーゲンって効果あるの?

美肌に欠かせないものとして挙げられるのが、コラーゲン。コスメでも、食品でも、「コラーゲン配合」と謳われているものは数多く存在します。一方で、コラーゲンを摂取しても意味がない、という意見も多く聞くのが現実。結局、コラーゲンは必要なの?必要じゃないの?

そもそもコラーゲンとは

コラーゲンとはたんぱく質の一種です。身体を構成するたんぱく質の約30%を占めており、「皮膚」「骨・軟骨」を構成する物質としてはなくてはならない存在です。

美肌効果はウソ?ホント?

食品で摂取する場合

コラーゲンが体内に入ると、まずは消化、吸収されます。そのとき、他のたんぱく質と同様、アミノ酸やペプチドなどに分解されます。つまり、コラーゲンそのものとして体内で利用されるわけではありません。吸収されたのち、コラーゲンの合成に使われることもありますが、コラーゲンとして摂取したたんぱく質が再び使われるかはわかりません。つまり、摂取することで体内で有効に働くことは事実ですが、そのすべてが美肌へ直結するわけではないということです。

コスメで塗布する場合

多くは化粧水や美容液など、肌に塗りっぱなしにするアイテムに多く配合されるコラーゲン。ハンドプレスをしたり、スチーマーを使ったりと、お肌の奥まで浸透するよう努力されていると思います。しかしそもそもお肌は、有害な物質の侵入を防ぐために存在しているため簡単に入り込むことはありません。また、コラーゲン自体の分子が大きいため、いくらがんばっても浸透することはかなり難しいのです。ただし、肌表面にとどまることで、保湿され美肌へ導く効果はあると考えられます。

おわりに

コラーゲンそのものは、身体に欠かせないものであることに間違いありません。ただし、販売されている全ての「コラーゲン配合」製品が美肌に効くかは難しいところ。しっかり見極めながらアイテム選びをしたいですね。