風邪予防は、肩甲骨をあたためること?!

古代中国では、肩がこると風邪をひくといわれていました。
肩こりと風邪というと意外な気がしますが、肩のまわりにある肩甲骨には、風邪にきくツボが集中しています。

また、肩甲骨をあたためることによって、首や肩のまわりの血流が改善され、結果として、くすみや肌荒れの改善にもつながるのです。

肩こりと風邪の関係とは!? 

肩甲骨のツボを刺激

腕を動かすと、グキグキと動く肩甲骨(貝殻骨)。ここがつまると、肩こりだけでなく、首のこりや腰痛の原因にもなりかねません。
理想的なのは、肩甲骨を動かすエクササイズを定期的におこなうことですが、かんたんに刺激する方法があります。

それは、ドライヤーを使うこと。

髪を乾かすためのドライヤーの熱風を、洋服の上から、肩甲骨いったいにかけて、患部をあたためます。
一箇所だけを強く刺激すると、やけどの原因になってしまうので、少し距離をはなして、まんべんなく当てると効果的ですよ。
じんわりあたたまると、肩こりや首の周りの疲れがほぐれて、全身が軽くなったような気がします。

また、ドライヤーを背中側に当てる姿勢が、腕をそらせるので、肩こりに良いというおまけつき。

「超」がつく冷え性ならば

そんな「超」がつくほどの冷え性の人には、スペシャルな方法があります。それは、ホットカイロを肩甲骨のラインにそって貼り付けることです。
もちろん、貼るのは肌着の上からですが、肩甲骨のあたりをじんわりと、ぬくめることで、ツボを刺激することができるのですね。

ごく初期の風邪ならば、寝る前に肩甲骨をじんわりとぬくめる温湿布をすると、翌朝には完治しているケースもめずらしくありません。

そのうえ、お肌の気になるくすみの改善や、目の下のクマの解消といった、美容面にも即効性があるというおまけつきですから。
女性にとって、冷え性になって1つとして良いことはありません。
肩甲骨をぬくめて、肩こりや、風邪、お肌のトラブルを一気に解消してしまいましょうよ!!


さやか

さやか

投稿者プロフィール

思春期に、重度のニキビ肌に悩んだ体験から、人体のメカニズムや、栄養学に興味を持つ。美容・健康・地球環境にまつわる記事を中心に、多数メディアに寄稿。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさまこんにちは。寝不足や疲れを感じている時、目の下にくまを見つけたことはありませんか?疲れた時や…
  2. 2015年は水素が流行り始めた年でしたね。 水素カー、水素エネルギーなどの産業をはじめ、 水素水…
  3. 食欲の秋。食欲があり、健康なのは良い事ですが、どうしても食べ過ぎによる肥満や体重の増加は気になるもの…
follow us in feedly
ページ上部へ戻る