太る原因!?コルチゾールって何者!?

ダイエット中と言えばカロリーに注意してエクササイズに励む、これが定番だと思います。ところがこれ以外にも重要な要素がありました。それがコルチゾールです。コルチゾールの正体とダイエットとの関係についてまとめてみました。

コルチゾールとは何者!?

コルチゾールは副腎皮質から分泌される成分です。そういうと難しくてわかりにくくなりますが、一般的にはストレスホルモンと言われている物質になります。通常は代謝などに関する働きをしていますが、ストレスが増えると分泌量も増えるという特徴があります。

ストレスはダイエットにもマイナスだった!

コルチゾールには食欲を抑える物質の分泌を抑制するという力があります。ストレスが増すと食欲も増す、これは当然の結果だったわけです。ダイエット中に過剰な食事制限をして我慢ばかり積み重ねてゆくとストレスになります。すると食欲が増してしまう、これではダイエットが続かないのも無理はありません。

睡眠の質がダイエットに影響!?

私達の体は睡眠中にもエネルギーを消費しています。コルチゾールには寝ている間に必要となるエネルギーを調達する役割もあります。その時に使われるのが脂肪です。寝るだけで体は脂肪を燃焼してくれるのです。
しかし睡眠不足であったり、不規則な生活を送っていたりすると質の良い睡眠を取ることが出来ません。浅い眠りではコルチゾールが十分に働く事が出来ないのです。

まだまだある!コルチゾール増加の影響

インスリンとの関係も深く、コルチゾールの分泌が増加するとインスリンも増加します。悲しい事にインスリンには脂肪を蓄えようとする働きがあるため、ダイエットにおいては困った存在だと言えます。
また分泌量の増加によって筋肉の成長を抑えてしまう事もあります。苦しいエクササイズに励んだとしても効率が悪くなってしまうのです。

ダイエットに理想的な生活とは

このように見てゆくとコルチゾールがダイエットといかに深い関係であるかが分かります。そこからわかる事は、ストレスはダイエットの邪魔でしかないという事です。ダイエットだと言って我慢する事ばかりしていては、効率が悪く苦しい思いだけして終わってしまいます。規則正しい生活にバランスの良い食事、その上でカロリーの制限やエクササイズを取り入れることが理想だと言えるでしょう。