おいしいだけじゃない!“ココア”の美容効果をおさらいしよう

冬になると、なんだか飲みたくなるのがココア。CMも頻繁にやるようになりますよね。アイスココアもあるけど、やっぱりココアといえばホット。お湯で溶くだけでなく、ミルクで溶くとさらにクリーミーでおいしくなります。そんなココア、ただなんとなく飲んでいませんか?知っているようでなんとなく忘れてる、ココアに美容効果をしっかり思い出しましょう。

ココアのもつ美容効果

カカオポリフェノールでアンチエイジング

カカオ70%のような、苦味がウリのチョコレートが一時期ブームになりました。あの苦さはカカオポリフェノールによるもので、ココアにも含まれています。カカオポリフェノールにはアンチエイジング効果があり、具体的にいうと、抗酸化作用があるのです。赤ワインの2倍、紅茶のなんと45倍であり、積極的にとっていきたいもの。苦いチョコレートを咀嚼するのは抵抗がありますが、ココアのようにドリンクであれば摂取しやすいですね。

豊富な鉄分で貧血改善

カカオには鉄分が含まれているため、貧血気味の人には嬉しい効果。実はココア、レバーより鉄分が多いって知っていましたか?鉄分は摂りたいけど、レバーは苦手…という人こそ、ココアはおすすめなんです。

冷え性対策もできる

生姜に身体をあたためる効果があることは有名な話。冷え性な人は、生姜湯にはちみつを入れて飲む、なんてしたことあるのでは?なんとココア、この生姜よりも身体をぽかぽかにする効果があることが、医学的に証明されているんです。生姜の場合、急激に身体をあたためることができますが、反面、その熱が下がっていくのも急激。しかしココアの場合は、あたたまるのがゆるやかなら、さがるのもゆるやか。つまり、少しでも長くあたたかい状態を維持できるんです。

おわりに

摂りすぎは、糖分過多になってしまうので気をつけて。でも、ちょっとホッと落ち着きたい夜には、ココアをお供にしてあげましょう。