お肌をいたわろう!肌に優しいクレンジングとは??

○クレンジングの目的
女性であれば、ほぼ毎日メイクをしますね。仕事に行ったり、友達と会ったり、外出する際にはメイクをするかと思います。メイクをした後のケアはきちんとしていますか?メイクを落とさず寝てしまったり、メイク落としシートで済ませてしまったり、それではお肌にも優しくありませんよね。「あー、クレンジング面倒だな。なんでしなきゃいけないの?」そう思ったことはありませんか?
クレンジングの目的は、水で洗っても落ちない油性のメイクアップ料を落とすことになります。そのため、メイクをした日はクレンジングをする必要があります。つまり、メイクしたのにクレンジングをしないでいると、肌を清潔に保つことができなくなってしまいます。

クレンジングにはいろんなタイプがあります。オイルタイプやクリームタイプ、ミルクやジェルタイプ、拭き取りシートタイプ、洗顔料と一緒になっているタイプ、様々です。
クレンジングの基本成分は「油分と界面活性剤」です。油性のメイク成分を肌から浮き上がらせて落とすには油分が必要なのと、洗い流す際に水と油分を馴染ませるために界面活性剤が必要になります。この「水と界面活性剤」の配合量によって、クレンジングのタイプが変わってきます。

○どんなクレンジングを使ったらいいの?
どんなクレンジングを使ったら良いかは、自分のメイクの濃さによります。メイクオフ力が強いものから、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプとなります。
オイルタイプはしっかりとメイク料を落としてくれるため、洗った後はスッキリ感が得られますね。しかし、界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きくなってしまいます。逆にミルクタイプは肌に優しいけれども、水分が多いため馴染むまでに時間がかかりやすく、肌をこすってしまいがちになるため、注意が必要になります。
そこでオススメなのがクリームタイプのクレンジング。油分も水分も多すぎず、そのバランスが良いものとなっています。デイリーに使うのであれば、クリームタイプのクレンジングを使用してみましょう。

メイクを落とす過程は、肌にとって一番負担になる過程です。クレンジング料と方法を見直して、肌をいたわることができたらいいですね。