【横幅】が合わないことが靴選びの失敗の原因?!

【日本人の足は横に広い】とおもいこんでいる人が多いのですが、実は、若い世代を中心にむしろ、かかとが小さく、横に狭い、つまり細い足をしている人が増えてきています。

にもかかわらず、靴屋さんに行くと、横幅ゆったりタイプをすすめられたり、ゆるい靴を履くほうが、足にやさしいと誤解している人が多いという現状が。
ぴったり足に吸い付く履き心地のよい靴に出会えるために、いくつかのポイントを見直してみませんか?

靴の横幅を意識してみませんか?

かかとが脱げるのは、当たり前ではない!?

ハイヒールを履いて歩くと、スポスポとかかとが抜けて困る!!
そんな経験をしたことがありませんか?
「え、当然でしょ!」
とおもった、あなた、ちょっと待ってください。もしかしたら、その靴は、あなたのサイズよりも、だいぶ大きいかもしれませんよ。
それも、縦でなくて横幅が。

靴を買いに行ったときに、フッティングをして、靴にへんなシワが寄ったり、靴と足との間に隙間ができている商品は、足の横幅に対して靴がだいぶ余っているということなのです。

つまり、大きすぎる靴だということなのですね。

つまさきから下はキュウクツなくらいがちょどいい

でも、きつい靴を履くと、足が痛くなったり、外反母趾になったりするのでは?
と心配になる人が多いのですが、それは、縦のこと。たしかに縦がキュウクツな靴はいただけません。
しかし、つまさきから、下にかけては、ジャストフィット、もしくは、少しキュウクツなくらいがちょうどいいサイズなのです。

なぜ、ゆるい靴がいけないのかというと、靴のなかで足がすべったり、ゆるい靴を履いて歩くと、一生懸命に足の指で地面をつかまえようとする動きをくりかえすため、足に負担がかかり、その結果、足の骨が変形して、外反母趾になったり、やっかいな足のトラブルが発生するからなのです!

新しい靴を選ぶ時には、足の縦幅だけではなく、横幅の合うサイズを探すことを意識してみませんか?