噛めば噛むだけ得をする?!”よく噛むこと”の大切さ

皆さんは、食事をする時に何を意識していますか?

食べる顔、食べる姿勢、食べているもの、一緒に食べている人。

色々あると思います。
”噛む事”を意識していることはありますか?

 

sghr_hana_hasi5_l

私は昔から食べるがすごく遅く、よく噛まないと飲み込めない子供でした。
今でも食べるのが人と比べて遅いのですが、そのおかげか、あまりダイエットを意識したことはありません
”良く噛む事”と”ダイエット”は実は関係あるのです。肥満防止やストレス解消になるという調査結果があるのです。

c86fabb5429f6eb33b022e94e07f3eaf_s

よく噛むことで満腹感が得られる

ものをよく噛む事によって、満腹中枢が活性化されます。
よく、早くものを食べると量はいつもと同じなのにおなかが満たされない、という経験がありませんか?
あれは、ものを食べてから脳にその信号が送られ、満腹、と脳が認識するまでタイムラグがあるのです。
おなかはいっぱいだけど、何かもっと食べたい!という時は、満腹中枢が刺激されていない証拠。
ゆっくりと食べることを心がけましょう。

 

よく噛む事で代謝が促進

よく噛むことで、交感神経の活動を調整している脳中枢が活性化します。
それによって全身のエネルギー代謝が促進されるのです。
ゆっくり食べていると、それだけで体が歩くなってきたりしませんか?

これは食事による”食事誘導性熱産生”という内蔵の運動が関係してきます。

よく噛むことでエネルギー代謝が促進し、新陳代謝が促進され、熱く感じるのです。

 

よく噛むことはストレス軽減にも

“噛む”という行為はストレスにも効果があるそうです。
ストレスというのは”脳”の中が”ストレス”と認知した時に感じるようになっています。ところが”よく噛む”ことで、このストレス刺激に反応した脳の活動を抑えられることがわかってきました。

イライラした時こそ、ゆっくり食事をしてみる。
よく噛むものを食べてみる。
そんなことを心がけてみてくださいね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。