クラシカルなアイテムの定番! スカーフのお手入れ方法

クラシックなスタイルの必需品である【スカーフ】。
エルメスや、セリーヌなどの定番商品は、世代を問わず愛用できて重宝しますよね。

名画のなかに登場するヒロインさながら、巻き方を研究したり、オーソドックスな洋服のアクセントにしたり、袱紗(ふくさ)のかわりに使ってみたり、バッグに結び付けてもいいですし、使い道はたくさんあることでしょう。
そういった使用方法は、メデイアで特集を組まれているものの、実際使用していく上で、やはり気になるのは、お手入れの方法ではないでしょうか。
カンタンに実践できるスカーフのお手入れ方法を紹介しますね。

むつかしく考えなくてもOK!!

絞らない

まず、スカーフは、シルク地が多く、見た目よりもずっと繊細なもの。
ですから、やさしく扱うことが大切なのですね。

洗濯機に入れずに手洗いがおすすめです。
それも、お湯ではなく水を使用するのがポイント。

スカーフを水につけて、中性洗剤を使用して洗います。表面をごしごしとこすらないように注意しながら、軽くさっと洗いましょう。
そのあと、軽く水を切るだけにして、(あくまで絞らないようにしてくださいね)寝かせた状態で陰干しをします。
洗濯ばさみでとめると、水を含んだ布地の重みで生地が変形しやすいので、横にして寝かせた状態をキープするのもコツだといえるでしょう。

また、太陽光に当てると、色が褪せたり、抜けたりする恐れがあるので、直射日光の当たらない位置に干す必要があります。

スチームアイロンで仕上げを

表面の水分を飛ばしたら、つぎは、表面についたシワをのばしたいですよね。
シワを伸ばすといえば、思い浮かぶのは、寝押しか、アイロンですよね。
繊細なスカーフにおすすめなのは、寝押しよりも、やはりアイロン。ですが、普通の高温のアイロンでプレスすると、柄が色あせたり、生地がいたみやすくなってしまうので、注意しなければなりません。

スチームアイロンで、手早く仕上げをすると、パリッとした新品同様のつやが戻ります。