おブス活してない?美容にオススメできない朝ごはんベスト3!!

皆様は日頃どのような朝ごはんを食べてらっしゃいますか?朝ごはんは時間がないので軽めに…流行の朝ごはん取り入れて…何のこだわりもなく食べている…。様々な朝ごはんスタイルがお有りだと思いますが、実は朝ごはんというのは美容やダイエットに深く関わる食事。朝ごはんを食べると、体温が上がり、基礎代謝がアップ、痩せやすい身体になると言われ、胃を刺激し、便秘解消にもなります。現在ではその重要性が注目され、「朝活」という名でブームにまでなっていますよね。ただ、美容を大きく左右するこの朝の食事で気をつけたいのが、食事内容。今回は美容にオススメできない朝ごはんをご紹介したいと思います。

 

おブス活?!朝ごはんにオススメできないもの

 

1菓子パン

菓子パンは朝ごはんの定番になりつつあり、食べられてる方も多いのではないでしょうか?しかしながら、菓子パンは栄養価が高くないことに加えて血糖値を急上昇させやすい糖分、脂質、炭水化物を多く含んでいます。朝は夜に比べて、血糖値が低く急上昇させると太りやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。今流行りのパンケーキ、ワッフル、ホットケーキも朝ごはんに向きません。夕方のお疲れ顔を少しでも軽減したい、ダイエット中の方であれば、避けたい朝ごはんですね。

2缶コーヒー

こちらも上記菓子パンの理由同じく、市販の缶コーヒーにはミルクと砂糖がたっぷりと使われているため、オススメできません。コンビニなどで売っているペットボトルのカフェオレ、カフェラテも同様の理由、要注意です。コーヒーはブラックで飲むのが無難と言えそうですね。

3スムージー

意外で驚かれた方もいっらしゃると思いますが、スムージーは朝に向きません。聞いてびっくり、スムージーはなんとシミの原因になりかねないというのです。ビタミンCを含む柑橘類、フルーツにはソラレンという成分も含まれていることが多く、このソラレンという成分が何とも厄介な成分なのです。ソラレンは食べて2時間ほどたつと皮膚の上にとどまり、紫外線の吸収を高める作用をピークにしてしまいます。ダイエットではよく朝食にオレンジやグレープフルーツ、というのが定番になりつつあると思いますが、美容のことを考えると朝に食べることはあまりオススメできません。

 

美活にオススメな朝ごはんとは?

バナナ

「朝バナナダイエット」が一時期大ブームとなり、バナナが品薄になるほど反響がありましたよね。効果が出た方が多かったみたいで、筆者も朝バナナダイエットで2キロ減量に成功しています。バナナには様々な糖質が含まれていますが、バナナの糖質は脂肪になりにくくエネルギーに変わりやすい糖質だそうです。消化にも良いので朝の空っぽの胃に負担がかかりにくく、さらにペクチン、セルロースという二つの食物繊維の効果で便秘解消も期待できます。また、バナナにはカリウムがたくさん含まれていてむくみ解消にも◎です。

具沢山お味噌汁

お味噌汁のお味噌は発酵食品なので酵素が含まれているほか、大豆イソフラボンも含まれていて女性にとっては非常に嬉しいですよね。脂質や糖質燃焼を促すビタミンB群も豊富に含まれていますので、ダイエット面にもアプローチしてくれます。たくさんの野菜などの具材を入れることによって食物繊維や他の栄養素も摂れ、満腹感もあります。

 

おわりに

朝の時間は女性にとってはメイク、髪のスタイリング、とどうしてもすることが多くなってバタバタしてしまいますよね。いつもより30分でも早く起きてゆっくり朝ごはんや支度をすれば1日の気持ちにもゆとりができますし、顔にも自然と余裕が出ていい表情になること間違いなしです。ぜひ、美活の始めとして参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です