全部試した!?バストアップに効果的だという口コミをまとめてみた!

女性らしい体といえば、真っ先にイメージするのは豊満なバスト。
小さいからと言って困ることはないけれど憧れるのはやっぱり大きなバストですよね。
バストケアが定番化した今、世間には様々なバストアップ方法が出回っています。
効くかどうかは相性もあると思いますが「どんなことでも試してみたい!」というあなたのためにバストアップに効果的だという口コミをまとめてみました。
毎日のケアの参考にしてみてください。

食事で狙うバストアップ

バストアップするという食べ物の代表はから揚げ、キャベツ、大豆(豆乳)辺りでしょうか。

から揚げは鶏肉に含まれる良質なタンパク質がバスト作りに効果的だと言われていますが、カロリー摂取が多すぎて全体的に太ってしまったという人も多いようです。

一方大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分なのでバストアップ効果が期待できます。ただ大豆イソフラボンを女性ホルモンのような働きにさせることの出来る「能力」を持つ人は日本人女性の3割にも満たないとか。これだけに頼ってしまうのは危険だと言えます。

キャベツの場合も大豆のように女性ホルモンに似たボロンという成分があります。こちらは大豆イソフラボンのような「能力の有無」については不明ですが、やってみるだけの価値はあると言えるでしょう。

他にもきなこ(きなこ豆乳)、お味噌汁、アボカド、チーズなどが多く取り上げられています。でもこれって、バランスの良い食事なのでは・・・!?という気もします。

マッサージやエクササイズで狙うバストアップ

今話題の方法といえば「乳トレ」。テレビ番組で橋本マナミさんが実践し、1週間でアンダーがマイナス、トップがアップという結果を出しました。関連本はバカ売れ、猫背や肩こりの解消にもなるとか。実践者の多くが何かしらの効果を感じているようです。

逆の発想で人気なのが肩甲骨のストレッチです。方法は様々ですが、美しい肩甲骨を手に入れることでバストアップを狙うというものです。確かに肩甲骨を綺麗な位置に動かすとバストが上向きに張ることがわかります。見た目効果だけでも1カップ近く違うかもしれません。

また胸の下にある筋肉、大胸筋を鍛えるという方法もあります。実は大胸筋と乳腺は密接な関係にあります。腕立て伏せや胸の前で両手を合わせるエクササイズが効果的なのはこの為だったと言えます。

意外な方法!?で狙うバストアップ

「こんなことが!?」と思うようなバストアップ方法もあります。まず睡眠。良質な睡眠によってバストアップに効果のある女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すのです。これらの成分は寝ている間に活発に分泌されます。規則正しく、しっかり寝る、これだけで良いというのです。信じがたい話ですが、医師も推奨している方法になります。

もう一つ注目したいのが体の冷え。女性ホルモンなどは正常に分泌されているのに血行が悪いためにバストアップを妨げてしまっているケースもあるというのです。バストを触って冷たいようならば、冷えから改善した方が良いかもしれません。

恋する気持ちも大切

女性ホルモンを多く分泌させる方法として恋愛をするという方法もあります。恋すると自然と女性ホルモンは多くなるのです。リアルな相手がいなくても、誰かを「素敵」だと思う心があなたのバストを大きくしてくれるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です