美容に良い玄米、なぜ体に良いのか知っていますか?

美容やダイエットに良い、というイメージの玄米。

白米か玄米と選べるお店も増えてきましたよね。

玄米を選ぶ女の子も多いのでは?

でも、なんで美容に良いのか、なんで体に良いのか、知っていますか?

良いものを取り入れることはとても大切ですが、

何で良いのか、理解してとることも大切なんですよ。

今日は、玄米の栄養価についてご紹介しますね。

 

そもそも玄米とは?

そもそも、玄米と白米の違いは知っていますか?

玄米(げんまい)とは、稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を除去した状態[2]で、また精白されていない状態の米である
精白とは、玄米から糠(ぬか)を取り除き白米にすることである。玄米は、白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含むため[4]、健康食品として用いられている。

玄米と白米の違いは、”精米の違い”なんです。

よく、マクロビオティックなどでは”精米日はお米の命日”などと言われます。

お米の栄養は、米ぬかや胚芽の部分に多く含まれていると言われています。

白米はおいしいけれど、栄養価としてはほとんど”ない”に等しいのです。

 

玄米の栄養価

ヘルシーなイメージがある玄米ですが、カロリーは白米とほとんど変わらないのです。

では何がいいの?というと、玄米に含まれる栄養価が、白米と比較するとすごいのです!!

その1 食物繊維

玄米に含まれる食物繊維は、白米の7倍!!

野菜やきのこなどで食物繊維を補うのも大切ですが、白米を玄米に変えるだけで1食で摂れる食物繊維の量はぐんとアップします!

食物繊維は腸を整えるためにとても大切ですので、手軽に補えると嬉しいですよね。

その2 ビタミンE

ビタミンEの量も、玄米には白米の6倍も含まれています!!

ビタミンEは、若返りのビタミンと言われていますよね。

老化の原因と言われている活性酸素を除去してくれたり、お肌の新陳代謝を促してくれるので、ターンオーバーが早くなり、美肌効果が期待されます♡

その3 ビタミンB

疲労回復効果や、糖質をエネルギーに変える役割をしてくれるビタミンB1。

ダイエットにも欠かせないビタミンです。

このビタミンB1、玄米には白米の5倍も含まれています!

糠の部分に多く含まれているので、糠漬けなどにも豊富に含まれていますね。

その4 鉄分

鉄分は白米の0,1mgに対して、玄米は0.6mgと、約6倍!!

鉄分不足になりがちな女性には嬉しいですよね♡

 

他にもカルシウム、カリウム、亜鉛なども玄米の方が豊富に含まれています。

毎日の主食をシフトするのは難しくても、週に1回だけでも、玄米にシフトするのもオススメですよ♡

ただ、この玄米、注意点もあるのです!!

美しいバラにはとげがある、のと同じで、間違えた食べ方をすると毒にもなる可能性があるのです。

次は玄米を美味しく食べるための注意点をお伝えしますね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。