顔色よりも明るいファンデーションを使いたいときは、●●する?

もっと、色が白くなったら・・・という願望は、どの世代でも、いつの時代でも共通の考え方ですよね。
でも、だからといって、ファンデーションの色を首よりも白いものをチョイスしてしまうと、白浮きしたお面のような顔になってしまいます。

でも、美白ケアをがんばっても限界があるし、とフクザツな心境に。
そこで、多少は白目のファンデーションを塗っても、ナチュラルな肌の色に見せることのできる方法があるので紹介しましょう!!

肌は白く、でも、輪郭はきっちりと!

シェーデイングをフル活用して

自分の本来の肌よりも、あかるめのファンデーションをシヨウするのは、本来ならばNGです。
しかし、どうしても、韓流女優のような色白美人にみせたいときってありますよね。

そんなときには、ファンデーションは、いつもよりあかるくてもかまいません。
ただし、首と顔とが別の人になってしまわないように、ちょっとしたくふうが必要なのです。

それは、どんなことかというと、輪郭だけを使用したファンデーションの色みよりもワントーンだけ暗い色でシェーデイングをするという方法です。

輪郭を暗い色で翳をつけることによって、顔がすっきりとひきしまり、たるみや色むらなどを上手にカムフラージュできるのです!!

ほんのりでOK


といっても、あからさまにシェーデイングしなくても、ほんのり、入れているか、入れていないかわからない程度でかまいません。

あからさまにシェーデイングをすると、ビジュアル系のバンドのような不自然さが出てしまいますから(笑い)。

大きめの化粧筆に、たっぷりパウダーをふくませて、いっきに入れると、いやなむらがつかずに、すっきりときれいにシェーディングを入れることに成功しますよ!!

色白美人に見せたいのは、女性の共通している本音ですから、その本心を隠さずに、別のパーツをくふうして、メイクすれば、いいのではありませんか!

色白美人になって、さらに、小顔にも見せられるメイクアップ術を紹介しました。