呼吸をかえるとくすみが解消する?

朝起きたときには、白い肌をしているのに、お昼頃になると、土気色の顔色になっている・・・。
そんなことがありませんか?

日焼けをしたわけでも、内蔵疾患があるわけでもないのになぜ?
と、ユーウツになりますよね。

そんな、やっかいなくすみの原因は、おもに睡眠不足や血行不良。
だから、基礎化粧品をかえたり、ビタミン剤を服用するよりも、まず見直したいものがあります。

それは、いったい何なのでしょうか?

深呼吸をするとくすみ解消?

酸欠は、くすみの大敵

寝不足がつづくと、呼吸が浅くなります。
その結果、じゅうぶんに酸素をとりこむことができなくなり、肌の色が濃く見えてしまうのです。

とくに、1日の疲労が顔に出やすい夕方~夜にかけては、睡眠がたりないと、どんよりくすんでしまいます。

あのいやな、くすみを改善するためには、細胞の1つ1つにまで、しっかりと酸素をいきわたすことが肝心。

でも、酸素バーに通ったり、酸素マスクを購入する必要はありません。
深呼吸をするだけでも、効果が期待できますから!!
TAKEBE055122558_TP_V[1]

コツは、吐き切って吸うだけ

以前ブームになった、ロングブレスダイエットをはじめとして、むかしから現在まで呼吸法と、美容・健康は深く結びついています。

そのせいか、呼吸法は、むずかしいというイメージがひとり歩きしていますが、そんなことはありません。

気をつけることは、たった1つだけ。
とにかく、息という息をすべて吐き切ってから、次の空気を吸うこと。

ただこれだけ!
シンプルですが、実践してみると、体の内側があたたかくなり、いっきに顔色があかるくなるのがわかりました。
そしてゆっくりと何度も深呼吸をくりかえすと、インナーマッスルが活性化するので、姿勢の矯正や、ダイエットにも効果的なのです。

湯舟につかりながら、トイレの個室で、などと、1日のうちで気がついたときに、おこなうだけでだいじょうぶ!

呼吸を意識するだけで、あのいやなくすみから解放され、さらにスタイルもよくなるのは、とってもお得ですよね。