授乳中の女性が美しい理由とは?

恋をしている女性は、美しいといわれます。
そして、あまり知られていないのですが、どの女性でも、一生のうちでもっとも美しく輝いている時期があるのです。

いったいそれは、いつでしょうか?
とても意外な答えなのですが、実は、授乳中なのです。

子どもが小さいあいだは、育児に追われて、スキンケアや髪のお手入れに時間をかけることができません。
にもかかわらず、どうしてなのでしょうか?
その、秘密にせまりませりました。

聖母マリアのように・・・

とにかく、代謝がよい! 

産後は、肌がとてもきれいになります。
きめがこまかくなり、色が白くもっちりとした質感に変化してきます。

授乳中は、どんなに食べても太りません。
摂取した栄養は、すぐに母乳に変わってしまうから。
動物の場合、乳離れしていない子どもをつれているお母さんは、例外なく痩せています。
a3f75ce5fa5aaa61c0dea6b48ac2a875_s
そして、それにともなって新陳代謝がとても活発になります。
出産は、最高のデトックスだといった人がいましたが、おなじように、授乳をしている期間も、毒素が溜まるヒマがないのすね。

ホルモンのバランスが整う

ニキビに悩んでいる人も、出産を経験すると、だいぶ落ち着いてくるようですね。
その大きな理由として、女性ホルモンが活発に分泌されることがあげられます。

これまで、毛深さに悩んでいるなど、男性ホルモン過多にかたむきがちだった女性も、産後、授乳がはじまると、自然に肌がきれいになるのです。

女性ホルモンが優位になると、まず肌がかわります。
そして、丸みを帯びた優しい体つきになってきます。そのほかにも、声が女性らしくなったり、表情がやわらかくなるなどの、うれしい変化があらわれてきます。

女性の一生のなかで、授乳中が美しい時代に入るのは、ちょっぴり意外ですが、考えてみると、忙しいけれども、もっとも充実した時間を過ごせる日々なのですから、納得できました。

睡眠不足でも乗りきることができるほど、エネルギーをたくわえている時期なので、ある意味では自然の摂理なのでしょうか。