【脚が台無し】見逃しがちなヒザの黒ずみ改善方法!

皆さんは、ヒジやヒザのお手入れってどのようにされてますか?
スキンケアやボディケアは頑張っていても意外とヒザは顔などに比べると意識しにくい部分なので、ついついケアを怠ってしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は【女子必見!】美脚に欠かせないヒザの黒ずみの原因と改善方法をご紹介していきます。

ヒザが黒ずんでしまう原因

関節はヒザを含めて、動かすために皮膚が伸び縮みするので自然と黒っぽく見えやすい部分です。しかし、まっすぐと伸ばしていても肌とは明確に違う色であれば、それは黒ずみと言えます。

紫外線と摩擦

肌は紫外線や摩擦等の刺激を受けるとメラノサイトというメラニンを作る場所が刺激されて、肌を守ろうとメラニン色素をたくさん作ります。
これがケアされることなく度重なることにより色素が沈着して黒ずみとしてヒザに残ってしまうのです。
ヒザはもともと皮脂を出したり汗をかくことがほとんどありません。
潤いがもともと少ない部分のため、刺激に対して弱い部分なのです。

そのわりにヒザは日常で多く活躍する部分のため酷使されやすく、ヒザをついてしまったりスキニーパンツをはいたり脚を組んだりと
ヒザに摩擦が起きる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまうのです。

膝の黒ずみの改善方法

ヒザの黒ずみを改善するなら、まずは原因をつくらないために習慣を見直す事が大切です。

入浴時のタオル使用による強い摩擦や、キツめのスキニーデニムを頻繁に履くこともあまり良くありません。これらを改善するだけでもかなり変わってくるでしょう。

黒ずみになってしまった部分のケア

皮膚は硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。
ヒザの皮膚をやわらかくするためには、湯船にゆっくりと入ったりスクラブで優しくマッサージをすると効果的です。ゴシゴシこすると更に刺激になってしまうので、撫でるように行う事がポイントです。
頻繁にやりすぎてもよくないので月に1・2回程度を目安にしておくと良いでしょう。
また、お風呂から出たら肌と同様に化粧水で保湿してクリームやオイルなどで水分にフタをしてあげるとさらに肌が柔らかくなり水分も油分も満たされるため、自然とターンオーバーが促進され、ヒザにも明るさがでて肌が柔らかくなります。

春先は、何かとヒザが見えるワンピースや明るめのお洋服を着る機会が増えます。
だからこそ、この時期のケアが明暗を分けるのでとっても大切。
今日からケアしてピカピカの綺麗なヒザを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です