けなげなだけでは、愛されない!?

愛され女子になるために、さまざまなテクニックが公開されています。
そのなかには、「すぐにあやまる」というのをはじめ、けなげな女性に見られるようにする知恵がたくさん詰め込まれています。
しおらしい可愛らしい女子は、たしかにモテますし、大切にされますよね。
でもまた、けなげなだけでは、大切にされないって知っていましたか?

きぜんとした態度も大切

あやまるだけでは・・・

自分が悪いとおもったことは、すぐに認めてあやまるのは、女性としてだけではなく、人としても、とても大切なことですよね。
でも、自分が本当に悪いわけではないことを知っていながら、だけど、その場の雰囲気を壊したくないから、低姿勢に出る・・・。というのが、習慣になっていませんか?

それは、いっけん、女性として物腰のやわらかな対応に見えます。
でも、いつもいつもあやまられることに慣れてしまうと、パートナーは、「この女は、頭を下げて当たり前」という思考回路になってしまうものなのです。

円滑な関係をキープするためには、いつもいつも、あやまってくれる女のまますごすのは、もったいないとおもいませんか?

なめられる女にならないためには、あやまったり、低姿勢に出て、問題を解決する女にはならないようにしましょう!!

時にはきぜんとした対応を!


しかし、だからといって、あやまらないし、自分が女王さまという態度をとることを、すすめているわけではありません。

もちろん、頭を下げる場面では頭を下げるのは当然ですが、自分が悪くないとおもったときには、必要以上にあやまったり、下手(したで)に出るのは、もうやめませんか?

「それは、あなたが悪い」とまで口に出す必要はありませんが、きぜんとした対応をすることは、パートナーのためにも必要なのですから。

すぐになめられたり、ワンランク下の女に見られたり、いつも、いつも、キープの立場になってしまうという悩みをかかえている女性にこそ、このきぜんとした対応は、身につけてほしいものだと願います。