ダイエットを妨げていたのは、何気なく飲むスポーツドリンクだった!!

真夏の炎天下を歩いたあと、草抜きをしたり、窓拭きをしたりという労働のあと、スポーツクラブで汗を流したあと、とても水分がおいしく感じられませんか?
なかでも、アクエリアスやポカリスエットといった商品名で発売されている、【スポーツドリンク】は、いくらでも身体に浸透していきそうだとおもってしまうものですが。

しかし、どんなにおいしくて、どんなに飲みやすくても、ダイエットを意識しているならば、「ちょっと待って!! 」といわざるをえないのです。

スポーツドリンクは、ダイエット中の敵? 味方?

糖分が多い

ジュースや乳酸飲料は、ダイエットの妨げになりそうですが、何となく、スポーツドリンクならばいいのではないか、と考えている人は、意外に多いことがわかりました。

たしかに、スポーツドリンクというネーミングも、水色や青系を主体にした、あのパッケージも、いかにも身体に良さそうにおもえますよね。

しかし、汗を流してカロリーを消費するまで、酷使した肉体を回復させるためには、かなりの糖分・塩分やエネルギー量が必要になりますよね。
その栄養素(カロリー)を手っ取り早く吸収させようと、つまり、動きすぎ、働きすぎて、食欲がないときにでも、すぐに糖分や塩分を補給できるようにという狙いで作られているのが、スポーツドリンクなのです。
ということは、そのドリンクをグビグビと好きなだけ、飲んでいたとすると、ダイエットには結びつかないですよね。当然のこととして。

熱中症の予防にはなるものの

もちろん、炎天下を歩いていて、急に身体に異変がおこり、回復させるために、スポーツドリンクを飲むというのは、決してまちがった方法ではありません。
熱中症の予防としては、すぐにミネラル分が身体に吸収されやすい構造のスポーツドリンクは、打ってつけだといえるでしょう。

ただし、ぶどう糖やカロリーも高いので、痩せたい女子にとっては、スポーツドリンクは、ヘルシーなだけではなく、悩ましい存在であることも認めなればならないのですね。