美人が実践する「女性ホルモン」を増やして美しくなる⑤つの方法

女性なら誰しも美しくなりたい・・そう願っていますよね。美しさは外見だけではなく、内側からも溢れ出るもの。女性が意識する「美」には「女性ホルモン」が深く関係している事、もう既に聞いた事がある人は多いと思います。このホルモンに、一体どんな役割があり、美容とどういった因果関係があるのか、それを知れば、普段の生活からもっと美を意識出来ると思います。

※女性ホルモンとは・・?

□エストロゲン

女性らしさをアップさせるホルモン。
皮膚、筋肉、骨、関節、子宮、乳房などを発達させる働きをしています。
その他、感情やストレスを和らげたり、自律神経を調整する役割も果たしています。

□プロゲステロン

妊娠を助ける役目を果たしており、「妊娠ホルモン」ともいわれています。
妊娠しても健康に子宮を保てる様に、子宮内膜の状態を綺麗に保つ役割を果たしています。
血糖値を調整し、脂肪やセルライトの蓄積を防ぐ効果も。

女性ホルモンを増やす為の⑤カ条

①ストレスを減らす

ストレスは女性ホルモンの大敵。
女性はデリケートなので日頃のちょっとした出来事ですぐにホルモンバランスが乱れてしまいます。
またダイエット等のストレスでもホルモンバランスは乱れやすいので要注意。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、活性酸素が増え、肌荒れや老化の要因になります。
また生理不順や自律神経に影響したりなど、美と遠ざかってしまうのが「ストレス」なのです。

②感動する場面や機会に触れる

映画やドラマなど、感動した時に分泌されるのが、「エストロゲン」。
何かの出来事に出くわし、感動して涙を流したり、感情が高ぶった時に女性ホルモンが急激に増えます。
感動する・・という場面は、美しさを引き出すのにとても重要。

③女性ホルモンを増やす食べ物を

■大豆製品
納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンに似た働きをします。
■キャベツ、ナッツ類
キャベツやアーモンド、マカダミアナッツなどのナッツ類には、女性ホルモンに似た働きをする『ボロン』が含まれています。
■かぼちゃ
かぼちゃには豊富なビタミンEが含まれています。
ビタミンEは、「トコフェロール」とも呼ばれており、女性ホルモンの分泌をコントロールする働きがあります。

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

④好きな香りでリラックス

好きな香りであれば、どんな香りでもOK!アロマやアロマオイル、バスソルトなど、リラックス出来る空間で大好きな香りをかぐ事で、脳から信号が送られ、女性ホルモンの分泌が促されます。
その中でも、ローズの香りは、ストレスやネガティブな感情を抑えてくれる働きがあり、生理不順や月経前症候群等に、大変効果的です。

⑤恋をする

女性は恋をすると綺麗になるといわれていますが、これは本当。
「エストロゲン」は恋愛ホルモンともいわれており、ドキドキしたり、恋愛による刺激によって女性ホルモンが大量に分泌される事が研究によって明らかになっています。
恋愛によるときめきを実感すると、女性ホルモンが活発化され、肌荒れやくすみが無くなり、お肌にハリが生まれるのです。

最後に・・

女性ホルモンの分泌は、美と密接に関わっています。普段の生活で、美をちょっと意識してみるだけでも、美しさは格段にアップします。ぜひ参考にしてみてくださいね。