美肌の基本「お肌の免疫力」をアップさせれば美しくなれる!

美肌の為に、化粧水をつけたり、高い美容液を使ったり、女性は何かと綺麗になる為にお金が掛かったりしますよね。少しでも美しくなりたい・・とお肌のケアには時間をかけている女性は多いと思います。でも美肌の基本はお肌本来が持つ力であり、それをより生かす事で、ハリのある綺麗なお肌が維持出来るのです。

お肌の免疫力ってあるの?

私達人間は、風邪を引いたり、病気に掛かると体力が失われてしまいます。そうならない様に、身体の外から入ってきた細菌やウイルスなどを区別し、殺傷、排除する抗体の事を『免疫力』といいます。
実はこの免疫力は体だけではなく、お肌にもあったのです。お肌には、ダメージやウイルスが入って来る事を防ぐ「免疫機能」があります。

※それが失われてしまうと・・

ニキビ、毛穴の開き、肌表面の凹凸、乾燥、皮脂の過剰分泌などの肌トラブルが発生

■お肌の免疫力をアップさせる方法

 ①免疫力を上げる栄養素を摂る

■ビタミンA

皮膚、粘膜の保護や強化、お肌の免疫細胞を活性化する働きがあります。
【かぼちゃ、ほうれん草、にんじん、うなぎ、レバー、チーズ】

■ビタミンB6

「免疫グロブリン」と呼ばれている抗体の元で、皮膚や毛髪、歯を美しく、健康に保つ働きがあります。また糖尿病や生活習慣病の発生リスクを抑えたり、動脈硬化の要因となる血中ホモシステイン値を下げる効果もあります。
【バナナ、いわし、さば、マグロ、レバー、じゃがいも、大豆、牛乳】

■ビタミンC

免疫を担う細胞を活性化させ、ウイルスに対する抵抗力を高める働きがあります。
またビタミンCには、美肌に重要である「コラーゲン合成」を促進させる作用もあります。
【ブロッコリー、かぼちゃ、ピーマン、アセロラ、トマト、レモン、柿、いちご】

■ビタミンE

抗体の産生を高める働きや細胞の酸化を防いでくれる効能があり、「若さのビタミン」といわれています。
血行を良くして、冷え症や肩こりを防いだり、皮膚の抵抗力を強化させます。
【かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤ、魚介類、たらこ、うなぎ、ナッツ類、緑黄色野菜】

e6e8a07b8b56e0b5a943ee9fff384870_s

②睡眠をとって、脳をリラックス

人は日中活動している間に大量のエネルギーを消費します。睡眠中にエネルギーを蓄え、免疫物質も作られるのです。
健康体や美肌にも重要な自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、睡眠時は交感神経の働きが弱まり、リラックスした際に機能する副交感神経が働きます。
副交感神経が機能する事で、免疫力が活発に働き、お肌や身体の悪い部分の修復が進むのです。
人によって睡眠時間ばバラバラですが、「質の良い眠り」が最も大切。

③質の良い眠りをとる

・寝る1時間前は、目や脳への刺激を避ける為、スマホやパソコンは触らない。

・お風呂は就寝の1時間~2時間前には済ませた方が◎。

・カフェインは睡眠時間の4時間前までに。

■まとめ■

元々人間には、肌本来が持つ免疫力が存在しています。生活習慣やストレスで、その免疫力が低下してしまう事で、免疫機能が衰え、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが発生します。免疫力をアップさせ、肌機能が正常に働く様に、ぜひ毎日の習慣を大切にしてくださいね。