エステに通う前に●●に行こう!

一生懸命にお金をためて、ちょっとの時間を惜しみつつ、エステティックサロンへ通っているという人は多いとおもいます。
もちろん、エステに通うのは、努力している証拠ですし、美意識が高いという意味では頭が下がります。

しかし、エステに行く前に、まずは、見直したいパーツがあります。それは、デンタルケアです。
美容院に行く前に、ネイルを整える前に、まずは、歯を美しくしませんか?

歯が美しいだけでも、マイナス5歳?!

口元が整っていると

アメリカでは、歯と年齢のことは聞かないのがマナーだとされています。
そして、白く整った歯並びをキープするのは、美容のためだけでなく、ビジネスとしても当然の身だしなみだという、共通の認識なのです。

それにくらべて、日本では、歯列矯正をしていない人も多く、ホワイトニングも一般的だとは、まだまだいえません。

でも、それは逆のいい方をすると、美しい歯並びと、透明感のある明るい歯の色をしていると、マイナス5歳くらいのフレッシュさを手に入れられる・・・のかもしれませんね。

保険適用の範囲でも可能ですか?

といっても、歯列矯正も、ホワイトニングも、健康保険証が適用されていない自由診療の範囲です。
ということは、クリニックによって金額はことなりますし、かなり高価なイメージも。

しかし、ホワイトニングをしなくても、定期的に歯石除去をしたり、クリーニングをおこなうだけでも、だいぶ歯のくすみはとれます。
これらは、治療目的であれば、保険適用の範囲に入る場合もありますから、まずは、クリニックに問い合わせてみましょう。

そして、保険が適用されないとおもっている、歯列矯正ですが、実は、顎関節症などの何かしらの病気によって、治療として矯正をしなければならないときには、健康保険が適用されたり、1部だけでも、保険の範囲になったりするときもありますから、まずは、デンタルクリニックに通う習慣をつけることをおすすめしますよ!!