学校でもOK 制服に似合うメイクテクニック

中学生、高校生の皆さんは、遊びにいくときには、もうメイクデビューしている人も多いことでしょう。
けれども、学校に行くときには、校則にひっかからないか、先生に叱られないか、けっこうドキドキしますよね。

と、いってもすっぴんでは、恥ずかしい・・・・と感じるシュチュエーションも少なくないのではないでしょうか?

そんな悩める中学生、高校生のための、学校でもOKのメイク・テクニックを紹介しちゃいますね!!

キラキラを使わなければOK!? 

素肌感をいかして

ニキビ肌の子は、赤みや肌のデコボコをカムフラージュすることが優先ですが、乾燥肌の人なら、学生時代は人生のうちでもっとも肌がキレイな時期。
ですから、そのきめの細かさや、ぷるんぷるんの肌の質感をいかさない手はありません。

ファンデーションを使わず、ちょっぴり補正効果のある下地を使用して、そのあと、ルースパウダーを軽くはたくだけでも充分きれいですよ。

チークはほんのり

そして、ほっぺたにチークをぼかしながら入れるといいでしょう。
大き目のブラシもしくは、大判のパフに固形チークをとって、バランスをみながら、ふんわりと。

色味は、さくらいろや、サーモンピンクがナチュラルでおすすめです。

アイメイクはラインで

マスカラを濃くすると、女性の先生にバレてしまうかもしれません。
また、はっきりと色味がわかるアイシャドーを使用するのもNG。
そこで、アイメイクは、ペンシルを使用してインサイドライン(まぶたではなく、目の粘膜に直接引くラインのこと)を引くときれいです。

インサイドラインならば、目力は強くなりますが、いかにも化粧をしているという威圧感を与えないので、中学校や高校の制服とも相性バツグンですから!!
そして、ラインだけでは物足りないというときには、クリーム色やアイボリーなどの肌に近い色のアイシャドーを、アイホール全体に入れると、目元が明るくなって効果的ですから、ぜひお試しくださいね。