実はNG!?本当はオススメできない、意外な美容アイテムとは?

さらなる美を目指すため、私たち女性はつねにアンテナを張り、最新の美容アイテムがあるとなればすぐにチェックしたり、買ってみたり。新しい美容アイテムを使うのは楽しいですし、翌朝効果が見えるとさらに嬉しいですよね。でも、美容アイテムって使うだけじゃだめ。実はあまりオススメできないものや、使い方によっては逆効果なものもあるんです。

その美容アイテム、本当に綺麗になれますか?

爪切り

伸びてきた爪を整え、さらにやすりまでついていれば爪先を研ぐこともできる万能アイテム。毎月ネイルサロンでお手入れなんてできない、という人には必須アイテムですよね。でもこの爪切り、切る際に爪に圧をかけてしまい、また、爪の中の構造を無視して切ることができてしまうので、そうすると二枚爪などを招いてしまうことも。めんどうくさがらず、定期的にやすりで整えるのがベストです。

洗顔ネット

洗顔料をふわっふわに泡立てて洗顔するのって気持ちいいですよね。自分の手だけでうまく作れない人に、洗顔ネットは必須アイテム。アイテム自体はとっても優秀だけど、大切なのは管理方法。その洗顔ネット、いつ買いましたか?毎日使用後に水気をよく切り、しっかり乾燥させているのならまだしも、使ったあとお風呂場に吊るしてるなんて人は要注意。まだ目に見えないだけで、そのネットにはどんどんカビが繁殖しています。汚れてしまったネットで洗顔をしたって、綺麗に洗えませんよね。まだまだ使えると思っても、月に一度くらいのペースで買いかえてしまいましょう。

足の角質ケアアイテム

かちかちになってしまったかかとの角質、なんとかしようと削っていませんか?削ったところで、かかとの角質は何層も重なっているためすぐにまたかたい部分が出てきてしまいます。また、基本的に美容アイテムで、無理に剥がしたり削ったりするものは危険です。手に負えないようになってしまった場合は自分で解決しようとせず、医療機関やエステなど、プロに相談するようにしましょう。

おわりに

綺麗になるために使っているアイテムで、わるい結果を招いてしまっては意味がありません。そして、どんなに優れたアイテムでも、使い方や管理方法を間違えては台無し。自己流にアレンジしたりせず、正しい使い方で美を磨いていきましょう。