「美しさは細部に宿る」!見えないところのケアしてますか?

髪型やダイエット、服装、ネイルなどなど、キレイに磨きたい部分はたくさんありますね。「美しい女性」になることはとても気分が上がります。でも実は、「美しさ」は人から「見える」ところではなく、「見えないところ」に宿ります。今回は見えないところの美しさを磨くことについて、ご紹介したいと思います。

細部のケアしてますか?

自分磨きを始める時、人から「見られる部分」をキレイにしていきますね。ダイエットをしてボディラインを整えたり、今までと違った洋服を着たり、髪型やネイルなど、他人からも自分からも「見える」場所を美しくしていく場合がほとんど。
しかし、ここからイメージしてみてください。
「メイクも髪型も服装もとてもキレイにしているけど、うなじの毛がボサボサ。」「キレイなネイルをしているのに手がガサガサ」「首のシワが目立つ」など、一見、見られていないような部分のケアが行き届いていないことがあります。「美しさは細部に宿る」という言葉を聞いたことはありますか?文字通り、細かな部分に美しさは現れるものです。見えるところをケアすることも大切ですが、人から見えない場所もしっかりとケアが行き届いていることが大切になります。

「見えないところ」を磨く

それでは「細部」とはどのような部分があるでしょうか?いくつか挙げてみたいと思います。
・ひじ、ひざ、かかと
・首のシワ
・手
・うなじの毛やアンダーヘア
・背中
特に、「首には年齢が現れ、手には生活が現れる」という言葉があります。顔はキレイにしているのに、細部のケアが行き届いていないために年齢が上に見えてしまったりしてはもったいないですよね。

見えるところのケアに合わせて、見えないところのケアを一緒にすると、より一層「美しく」なると思いませんか?今日からみなさんもぜひ、「見えないところ」のケアも始めてみてください!