美肌のために毎日●●をしてみませんか?

美肌を目指すために、スキンケア化粧品にこだわったり、食生活に気をつけている女性は多いとおもいます。
けれども、内側からできるビューティーケアは、食事、つまり栄養だけではありません。

今回は意外なインナービューティーの法則をお伝えします!!

頑固な疲労回復にも即効性あり? 

スポーツ選手も取り入れている昼寝


身体を酷使するスポーツ選手は、栄養士をつけて食生活に気を配るだけでなく、マッサージや休息も大切な「トレーニング」のひとつ。

ですが、最近増えているのは、午後「昼寝」を取り入れることです。
昼寝なんて、まさか保育園じゃあるまいし!? とおもうかもしれませんね。
ですが、彼らは朝早くから練習にはげむため、知らず知らずのうちに疲労がたまっていることが多いのです。
疲れが抜けていないと、トレーニングの成果が出にくいですし、疲労骨折をしたり故障につながってしまいますから。

そんなふうにならないために、素早く疲労の芽を摘むためには、食事も大切ですが、さらに重要なのは休息をとることなのです。
昼寝をすると、頭がスッキリとしますし、疲れ知らずの身体になってまさに一石二鳥!

昼寝で美肌? 

よく美肌のゴールデンタイムといわれますよね。
夜の10時から2時までの時間帯に眠っていると、新陳代謝が活発になって肌がきれいになるという法則です。でも、この時間に眠るのは、けっこうむつかしいですよね。

もちろん、ゴールデンタイムに休んでいることにこしたことはありませんが、それよりもっと大切なのは睡眠時間をしっかりととることです。
できれば夜に眠るのが理想ですが、昼間でもさしつかえありません。
ただし、昼間にあまり長い時間にわたって寝すぎると疲れてしまうので一時間未満(できれば40分ほど)にとどめておきましょう。

逆に昼間に40分ほど眠るだけでも、疲労がとれて美肌効果もあるのでお得だとおもいませんか?
しっかりと眠ることで、くすみが解消され弾力もアップしますよ。