便秘や肌荒れの解消にもつながる、腸をキレイにするための基礎知識①

みなさんこんにちは。女性の悩みの一つである「便秘」。便秘は健康だけではなく、美容にも悪影響を与えるトラブルですよね。この便秘と無縁になれたら、お肌の調子も良くなったり、摂った栄養をきちんと吸収することもできます。今回は腸をキレイにするための基礎知識を2回に分けてご紹介したいと思います。

腸をキレイにするポイント

腸をキレイにするためにはいくつかのポイントがありますので、ご紹介していきます。

①食物繊維を摂る
「便秘解消には食物繊維を摂る!」ということを知っている方はたくさんいます。腸をキレイにお掃除する役割を果たしてくれる食物繊維ですが、これをうまく摂ることが大切です。
食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維は「便の量」を増やす役割があり、水溶性食物繊維は「便を軟らかくする」役割があります。不溶性食物繊維はゴボウやイモ類などに含まれていて、水溶性食物繊維は果物などに含まれています。大切なのは摂り方。便秘解消目的でゴボウをバリバリ食べたとしても、便が硬い状態であっては逆に腸に詰まります。水溶性食物繊維も食事で摂りながら、バランス良く食べることが大切です。

②十分な水分を摂る
食べ物の水分は小腸で90%くらいが吸収され、残りは大腸で吸収されます。日常的に水分を摂る習慣がないと、便がカチコチになってしまい、腸内に残ってしまう原因になります。水分を摂ることで便が軟らかくなりますので、便秘で悩んでいて水分を摂る習慣がない方は、試してみてください!ちなみにこの「水分」とは、水かカフェインの入っていない麦茶などになります。カフェインは利尿作用で尿として水分を体外に排泄させてしまいます。

③油を摂る
太りたくないがためにやってしまいがちな「油抜きダイエット」。極力油分を摂らない食生活をしている方はいらっしゃいますか?油抜きをすることで腸内では便の滑りが悪くなり、便がスムーズに排泄されなくなります。油脂も摂り方によってはダイエットの味方になります。サラダ油や肉に含まれる油は、普段の食生活で摂りすぎなくらいになっています。積極的に摂りたい油脂は、魚に含まれる不飽和脂肪酸、オリーブオイルなどの油です。エゴマ油やアーモンドなどのナッツ類に含まれる油も身体に良いです。ナッツ類を食べるときは、油と塩でローストしていない「素のまま」のものを買うようにしましょう。

いかがでしたか?腸の調子が優れない方はぜひ参考にしてみてください!次回は腸をキレイにする基礎知識②についてご紹介します。