湯船でキレイに♪目的別入浴剤の選び方とは

寒い季節は、湯船に浸かってゆっくりしたいですよね。入浴する際、入浴剤を入れる人と入れない人がいますが、入れたほうが身体の疲れの取れ具合などリラックス効果が高いことがわかっています。どうせお風呂に入るなら、+αの効果もあればなおうれしいですよね。今回は、目的別の入浴剤の選び方をご紹介します。

入浴剤の選び方

美肌効果を狙える炭酸風呂

人気の炭酸美容は、お風呂でも大活躍。炭酸洗顔などあるように、シュワシュワという炭酸の気泡で汚れを浮かせて落とす美容法です。銭湯でも人気のある炭酸風呂ですが、自宅でもクエン酸と重要があれば簡単に再現することができますよ。

ダイエット効果も得られる引き締め風呂

トウガラシ成分入りの発汗作用のある入浴剤や、ソルトでの引き締め作用のある入浴剤など、お湯に混ぜて浸かるだけでダイエット効果が期待できるものも。熱いお湯に入れば汗をかくのは当然ですが、よりかきやすくするためにも入浴剤に頼って。

とにかく乙女気分なら泡風呂

疲れを取るために、いい香りの入浴剤を投入するのもアリ。だけど、思いっきりリラックス気分を得るために、思い切って泡風呂にしてしまうのはいかが?
もこもこの泡にゆっくり入れば気分はプリンセス。日常から離れ、ゆったりとしたバスタイムを楽しめます。泡風呂なら中が透けることはないし、入浴中の足先なども大胆に撮れますし、SNS映えだってばっちり!

おわりに

せっかくお湯に浸かるのならば、+入浴剤で贅沢気分を味わいたいですね。目的別にいろんな入浴剤が売られているため、ドラッグストアや雑貨屋など探してみるのも楽しいですよ。お気に入りをたくさん見つけたら、バスタイムがさらに楽しくなりますね!