美ボディ作りは水泳の一人勝ち!女優やモデルに学ぶ美の秘訣

水泳は老若男女問わず、体力に関わらず楽しみながら出来る効率的な運動です。
日本を代表する女優である吉永小百合さんは自身の若さを保つ秘訣としてスイミングと挙げられています。また、ダレノガレ明美さんは過去に水泳と食事制限によって7kgのダイエットに成功したのだそうです。
他にも石田ゆり子さんやミス・ユニバース・ジャパンの知花くららさんなど憧れのプロポーションを保つ美しい有名人は美容法・健康法として取り入れているのが「水泳」!!
今回はそんな美女たちが夢中になる水泳の魅力について迫ってみます。

水泳で得られる効果ってすごい!

昔から子供の習い事としてもスイミングって人気がありますよね。有酸素運動は心肺機能を向上させる効果があります。
その中でも水泳は陸上競技が下半身に血液が溜まりやすいのに対し、重力の影響を受けにくく、水圧によって血液の循環は促進されるので血液を全身に循環させるという心臓の機能が高まることで肺機能が鍛えられ持久力もつきます。
また、体全体の筋肉を使うため満遍なく筋肉をつけることが出来るということで美しいボディを作ることが出来るのです。

肩甲骨を大きく回すことでバストアップ効果も期待できます。
なんと、水中での運動は陸上で同じ運動をした場合と比較すると約10倍!!
従って、ただ水中ウォーキングするだけでもかなりの消費エネルギーで、インナーマッスルまで鍛えることが可能です。
体重が増えすぎてしまい、痩せよう!と思って勢いでランニングを始めたりすると足腰を痛めてしまい挫折するという話もよくありますが、水中でのエクササイズはリラックス効果も高く陸上運動に比べて体への負担がかからないというメリットもあります。

そして、プールは体温よりも低い設定であるため、体が体温を上げようとするので水に浸かっているだけでもエネルギーを消費しようと働きます。

水泳を始めたら意識したいこと

①ストイックになりすぎないこと

運動において共通して言えることではありますが、競泳選手を目指すわけではないので低い目標から設定して自分なりのペースでやっていくことをおすすめします。水中を歩くことから始めたり、泳ぎとウォーキングを組み合わせるプログラムでも十分です。

②ボディラインを意識する

まず水泳を始める時にハードルが高いなと思うのが水着になることかもしれません。でも、続けていくうちに変わっていく身体がご自身のモチベーションになることは間違いありません。

効率的な全身運動、水泳の魅力が伝わりましたでしょうか。

是非、皆さんも嬉しい効果がいっぱいの水泳を新たな趣味にしてみませんか。