選択一つで美人になる!より美しくなる選択をしよう!

人間は1日に7000回ほどの選択をしているそうです。その「選択」でキレイに近づくか、キレイから遠ざかるかが決まります。ダイエット中であっても、食事は摂りますがダイエットしてるからといって、食事を摂らないということはできませんよね。今回はダイエット中の食事における選択について少しご紹介したいと思います。

なんとなく選んでるもので太る

みなさんは日頃の食事でどんなものを召し上がっていますか?それはどんな食材ですか?どのように調理されていますか?味付けはいかがでしょう?自炊はしていますか?それとも外食で済ませていますか?質問を挙げるとキリがありませんね。そして逆にいうと選択肢もたくさんあるということになります。食事だけでなく、生活のあらゆる場面や状況、また人生の中でも日々「選択」して生きています。自分の選択肢を「痩せる選択」に変えていくだけで、綺麗になる近道になりますよね。
例えばコンビニでご飯を買うことになり唐揚げ弁当を手に取ったとします。これは自分が「唐揚げが食べたい!」と思って手に取ったのであれば問題ありません。しかし別に食べたくはなかったけど、「なんとなく」それにしたというのであれば要注意!その「なんとなく」という選択が積み重なると、気づかないうちに綺麗から遠ざかってしまいます。

綺麗になる「調理法」の選択

食事を作る過程である「調理法」。これも選択一つで綺麗に近づきます。食材は同じでも調理法によってカロリーは大きく変わってきます。例えば魚。焼き魚は食材の脂が落ちて、カロリーはマイナスになります。揚げ物は衣をつけるので、衣の量が多かったりするとその分カロリーが増えます。

綺麗になる「食材」の選択

調理法と合わせて覚えておきたいことは、食材に関してです。例えばカロリーが低いというもので代表的なキノコ類。キノコはカロリーは低いですが、油を吸いやすいという特徴があります。そのため、キノコのバター炒めはカロリーが高い料理となります。またほとんどが水分でできているナスも油を吸いやすい食材です。同じ食材でも調理法によってはカロリーが大きく変化することを覚えておくと、綺麗の近道になります。

いかがでしたか?綺麗に近づくか遠ざかるかは、自分の日々の「選択」がキーポイントとなります。普段から「なんとなく」食べること、選ぶことを少しずつ変えていき、賢く選択しながら綺麗になりましょう!