秋冬の生足はゴージャスに!

オトナの女だからこそ、秋冬こそ、生足をたのしみたい!!
だって、春夏に生足でサンダルを履くのなんて当然じゃないですか?
オトナならば、秋や冬にこそ、ゴージャスなレッグラインをさらして、みんなの視線を釘付けにしてしまおうではありませんか!!

ミラノマダムさながら

こんがりと日焼けした肌

生足といったら、やはり、こんがりと日焼けした肌が基本。透明感のある脚線美もきれいで清潔感がありますが、やはり、ミラノマダムよろしく、活発なデコラッタがゴージャスでセクシーにみえます!
さらに、O脚、X脚、筋肉がつきすぎたレッグラインや、ややぽっちゃりとした足に悩んでいる人にも、こんがりと日焼けした足はおすすめです。
デコラッタカラーは、色白肌にくらべて、ずっと細くすっきり感が増して見せますから!!
決して細くはない身体つきのミラノマダムが、どうして、年がら年中、日焼けした足なのか、理由は、このあたりにありそうです。

ところが、日照時間が短くなり、紫外線量そのものが減る秋に、小麦色の肌をキープするのなんて、現実的ではない!!
お金持ちの奥様ならば、ハワイに行って、こんがり焼けることもできるけど、わたしたちには無理!!

そう嘆いている、あなた。

だいじょうぶです。
日焼けサロンがあるじゃありませんか?

膝に日焼け止めを塗って

美白ブームの現在、日焼けサロンは、圧倒的に外国人が利用しているそうです。
とくにヨーロッパマダムの考え方では、日焼けしている肌こそ、セクシーで健康的な女性の魅力にあふれているのだとか。

それならば、わたしたちも、ヨーロッパ女性を見習って、せめて足だけでも日焼けしたヘルシーなイメージをキープしましょう。

といっても、いきなりがんがんとオイルを塗って焼くのは、きれいな小麦肌になりません!!
まず、光に肌が慣れるまでの間、当分は、膝の部分は、オイルではなく、SPFの低い日焼け止めを使用するのがいいでしょう。
そして、じょじょにじょじょに、こんがりとしたデコラッタ肌にととのえていきましょう。