あなたもスマホ首かも?ついやっちゃう悪い姿勢を改善しよう

いつも姿勢を気にしているはずなのに、なぜか肩が凝る。急に首に痛みを感じる。
そんなあなた、もしかしたらスマホ首になっているかもしれません。
リラックスしているときほど、歪みがちな姿勢。これを見ているあなたも、ついスマホ首になっていませんか?

スマホ首って?

スマートホンに限らず、パソコンやタブレットなどを操作しているとき、首が前のめりになっている状態のこと。
本来、まっすぐな姿勢を保っていれば耳のまっすぐ下に肩がくるのですが、スマホ首になっていると肩のかなり前に耳がある状態になります。
まっすぐな姿勢でいると、頭を支えるため肩や首には約6キロの負担がかかると言われていますが、スマホ首でいるとその4倍、約27キロの負担がかかると言われています。

スマホ首で起こる症状

頭痛

頚椎(けいつい)の湾曲がなくなると、頭への刺激がダイレクトに届くように。その結果、頭痛が起きたり、めまいを感じたりするようになります。

肩こり

首が前に傾く不自然な体勢を長い時間保っていると、肩の筋肉がこわばり、肩こりが起こるようになります。
短時間であればあまり影響はありませんが、スマホやパソコンを操作している時間は無意識に長くなることがなり、その分だけ負担が肩にいくことになります。

スマホ首改善法

スマホ首を治すには、正しい姿勢をキープする必要があります。スマートホンに集中しすぎるとスマホ首に戻ってしまいがちですので、使用する時間を短時間にするところから始めましょう。家で操作するときは、横になった状態で首や肩を安定させるのもいいですね。

おわりに

肩や首への負担だけでなく、見栄えも悪いのがスマホ首。美容を意識する方ほど、早めに改善していきたいですね。