美人よりも美肌!男が愛する美肌の条件とは!?

「女に生まれるならやっぱり美人!」「美人じゃないと損!」そんな風に思う事ってありますよね。ところが美人よりも愛される条件がある事を知っていますか!?それが美肌です。しかし女性が思う美肌と男性が愛する美肌には微妙な違いがあります。男性が求める美肌の条件とその心理はどんなものなのでしょうか。

美人は飽きても美肌はクセになる!

美しさを求めるあまり整形する女性も増えていますが、ただの美人はすぐに飽きるという声も多く聞きます。遊び相手やアクセサリー感覚では嬉しいけれど、最終的には美人よりも美肌に惹かれる男性が多いのです。それは視覚だけでなく、触覚にも訴える効果があるからです。滑らかで心地の良い弾力のある肌は、何度触っても飽きるどころか逆にクセになってしまうものです。美肌は男を虜にする最終兵器なのかもしれません。

最強はふんわり赤ちゃん肌

ではどんな肌が良いのかというとやはり最強は赤ちゃんのようなふんわり肌です。水分量がとても高く、潤いと弾力が充実している状態です。赤ちゃんのような肌になるにはある程度の脂肪も必要となりますが、それはちょっと避けたい所でしょう。その代りに潤いと弾力に力を入れてみましょう。

出来ればやっぱりシミ無し!

赤ちゃん肌と言えばやはりシミがない綺麗な肌です。現実的にはシミ無しという事はとても難しいものですが、その数を少なくしたり薄い状態にしたりする事は可能です。紫外線はシワの原因にもなるので、気長に、しかし確実にシャットアウトする事を心掛けましょう。

意外に見られている!目指せ毛穴レス!

驚く事にチェックしている男性が意外に多いのが毛穴の状態です。黒いポツポツがあったり、開いていたりするとそれで幻滅してしまう事もあるとか。毛穴のケアは油断してはいけません。毛穴レスになるには毎日の正しいケアが大切になります。洗顔はぬるま湯、皮脂バランスを整える、まずはこの2点に絞ってケアを試みてみましょう。

モチモチ肌は一度触れるとまた恋しくなる!?

20代まではスレンダーな女性が好きという人が多いものですが、30代を超えるとある程度丸みのある女性が好きだという人の割合が増えてきます。これは適度に脂肪のついた女性のモチモチした感触を求める人の割合が増えるからです。先にも述べたように、このような触覚は印象として強く残り、クセになるものです。痩せる事に目的を見出す必要はないのかもしれません。

美人じゃなくても落ち込む必要なし!

女性なら誰しも「あんな顔に生まれたかった」「美人じゃなくて損した」と思った経験があると思います。しかし美人が必ずしも良いとは限らないのです。それにも勝る美肌を手に入れれば、美人以上のハッピーな将来が待っている可能性も高いのです!