あざとくない!?いいえ、やっぱり男はこんな女が好きなのです!

女子から見ると男ウケ狙いなのがバレバレな行為でも、コロッと落ちてしまう男は多いものです。あざといと思われるような行為でもやっぱり男は大好き!そんな仕草や言動を改めて集めてみました。恋愛は面倒なんて言っている男子もグッと引き寄せてしまいましょう!

上目遣い

女子なら一瞬で見極められる上目遣いというあざといテクニック。しかし男子からの支持率は年齢問わずとても高くなっています。女子の計算をわかっていたとしても守ってあげたくなるのが男心のようです。ただし連発は禁物です。効果が薄れるばかりかマイナスになる事もあります。自然な成り行きの中で行いましょう。

じっと見つめる

話をする時に目を見つめ続ける女子はよくモテます。一生懸命に自分の話に聞き入っているように見えるからです。心理学的にも有効なテクニックですが、相手を選ばないと後で面倒な事になります。自分に関心を持って欲しいと思う相手にだけ行う方が良いかもしれません。

前触れの無いボディタッチ

ボディタッチも男子が弱い仕草です。しかし最近はボディタッチのあざとさを嫌う男性が増えています。ではどうするのかというと、前触れなく行うのです。普段は一定の距離を保ち、何か頼みごとをする時や別れ際等に軽く触れるのです。この瞬間に「特別な何か」を感じる男子は多いのです。

褒められるとやっぱり嬉しい!

「さすが!」「知らなかった!」「凄い!」「センスいい!」「そうなんですか!」は「さしすせそ」の法則と呼ばれる、男性が喜ぶ褒め言葉として知られています。しかしこれも連呼はダメ。最近の男子はこんなテクニック知り尽くしています。けれど褒められるのはやっぱり好きです。だからターゲットにだけ聞こえるようにして褒めるのです。すると真実味がグッと増し、額面通りに受け取ってくれます。

自分だけが知っているという特別感

特別な存在であるという事は性別関係なく嬉しいものです。例えば「他には相談出来る人がいなくて」と悩みを打ち明けたり、「○○君の前では素でいられる」なんて言われたりすると自分も相手を特別な存在として見るようになります。現状を打破したい時は特に有効的なテクニックです。

それでも笑顔に勝るものはない!

このように見てゆくといかに男性が単純であるかがわかるというものです。しかしそれは純粋という言葉に置き換える事も出来ます。それを証明するように、女子の笑顔が一番という男子も多いのです。笑顔が呼び込むハッピーオーラに勝るものはないのかもしれません。